横浜市立大学 大学案内2018
33/124

Yuki Nishio医学部 医学科2年東京都 国立筑波大学附属駒場高等学校卒西尾 祐紀前期に開講される教養ゼミでは、他学部の学生のさまざまな考え方にふれることができたのに加え、レポートのフォーマットについてのルールや伝わりやすいプレゼンテーションの方法などについて学ぶことができました。また、「生命のしくみを考える」「生命の機能」など医学を学ぶ上で不可欠な生物系の授業は、物理で受験した自分自身の知識の穴を埋める助けになり、生命へのさらなる興味がかきたてられました。教養ゼミで学んだ“読ませる”文章のルールや柔軟な発想力は、将来、臨床や研究の分野においても必要不可欠な要素であると考えています。共通教養科目で修得した幅広い知識を基盤にして、今後はさらに深く質の高い医学知識や高度な思考力を蓄えていきたいと思います。知識を学問に変える準備■ 基礎科学講義基礎科学講義の大きな柱は2つ。その分野を勉強するために必要な基本概念の修得を目指す入門科目と事象を主体的かつ批判的に分析する思考方法を身に付ける課題探求科目です。さらには、実験を通じて自然科学の基礎を修得する科目、高等学校での知識を補うリメディアル講座も用意されています。これらは共通教養の科目なので、所属する学系やコースにかかわらず、自分の問題意識にあったものを履修することができます。キャリア教育のスタート■ キャリア形成実習これから先の人生(キャリア)をスタートする準備を行うのがキャリア形成実習です。インターンシップでは、自分の将来のキャリアと照らし合わせ、実際に就業体験を行うことで、進路についての理解を深めます。国内に限らず、海外でのインターンシップも推進しています。インターンシップに参加、報告を行うことで、卒業単位として認定されます。共通教養でプレゼン能力、柔軟な発想力など幅広く学ぶことができました。教育の特徴グローバル教育国際総合科学部データサイエンス学部医学部大学院/研究施設キャリアサポート/学生支援キャンパスライフ入試情報/学費・奨学金学生の声31

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る