横浜市立大学 大学案内2018
47/124

■ まちづくりコースDepartment of Urban and Community Planning都市が抱える課題に対し、具体策を提案できる人材を育てます。横浜という「まち」を実践のフィールドとして、時代の変化に対応した都市の姿を構想し、プランニングや都市デザインを通して都市の課題の解決に貢献できる人材を養成します。安全で住みやすい「まち」、環境に配慮した持続可能な「まち」など、豊かな将来を市民参加で築いていくためのプランニング手法を実習やフィールドワークを通して身に付けていきます。コースの特徴まちづくり・都市計画・都市デザインを学ぶ公務員や不動産などの民間企業でまちづくりの実践者を目指す地理情報システムやプランニングに関わる手法を身に付ける具体的な都市の諸課題を解決するまちづくりコースの卒論テーマ例●高齢者の暮らしやすいまちづくり ─横浜市におけるデジタル放送を活用した高齢者見守り事業の可能性の検討─●都市部における買い物難民の発生要因 ─横浜市保土ヶ谷区・旭区を事例に─●孫世代とシニア世代の日常的外出と地域交流に関する研究 ─金沢シーサイドタウンを事例に─YCUを選んだ最大の理由は、都市デザインや空間デザイン、都市整備に興味があったためです。授業では、地域で抱えるまちの課題を考える実習を行ったり、開港都市・横浜の地でフィールドワークを重ねることにより、まちづくりについて楽しく実践的に学ぶことができます。YCUのある金沢区(横浜市)の魅力を発信するイベントを企画・運営するなど、積極的にまちづくりに関することを現場で学んでいます。将来は、これらの活動の延長として、地域の方々に寄り添い、まちを活性化できるような職種に就き尽力したいと考えています。■ 2年次後期の時間割金木水火月1時限目3時限目2時限目5時限目4時限目ーーーーーまちづくり実習Iまちづくり実習I地域CSR論ー都市デザイン論ー演習Ⅱ(ゼミ)ー特講(寄附講座:中小企業のCSR)ー特講(寄附講座:環境経営の最先端)ーー環境計画論ーーまちづくりのための調査法まちづくり実習Iーまちづくり実習I学生の声まちづくりコース3年中村 賢司 Kenji Nakamura 茨城県 私立茗渓学園高等学校卒地域の抱える課題を都市デザインや都市整備というまちづくりの現場目線で考えています。教育の特徴グローバル教育国際総合科学部データサイエンス学部医学部大学院/研究施設キャリアサポート/学生支援キャンパスライフ入試情報/学費・奨学金45

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る