横浜市立大学 大学案内2018
62/124

医学部School of Medicine医学部が求める学生像● 高い倫理観と医学分野への深い関心を有する人● 思いやりがあり、命を尊ぶ心を有する人● 柔軟性と協調性、高いコミュニケーション能力を有する人時代の変化に常に対応できる人材の育成私たちが目標とするのは、豊かな人間性と深い知性を有し、確固たる倫理観に基づく総合的判断力を持ち、生涯にわたって研鑽を続け、医学・医療を通して人類の福祉に貢献する人材の育成です。■ 医学科の特徴■ 医学科グローバル化や超高齢社会など急激な社会構造の変化により、医学・医療の分野では、これまでよりも早いスピードで高度化、専門分化が進んでいます。医学科では、こうした時代の変化にも適切に対応できる優れた実践能力とリサーチマインドを持った人材を育成しています。● シミュレーターの活用などによる医療体験教育の充実● 地域における福祉、保健、医療施設での実習の充実● 基礎、臨床教室での体験型学修としての教室体験演習や研究実習(リサーチ・クラークシップ)の実施● 学生参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)の推進● 学生、教職員の積極的な学修意欲に応える講演会、FDなどの実施少子高齢化の時代、医療人が果たすべき使命はますます重要になっています。公立大学としての横浜市立大学医学部には、横浜市を中心とした地域医療を支える人材を育成する責任があります。また、一方で社会のグローバル化に対応できる人材の育成が看護学・医学・医療の分野でも求められています。このような時代の要請に応えることのできる“使命感あふれる医師・医学研究者・看護師・保健師・看護学研究者を育てたい”と考えています。では、このような時代に医療人が備えるべきものは何で社会の新しい仕組みを提案できる真の知力を養おう■放射線医学Tomio Inoue医学部長 井上 登美夫しょうか。それは専門知識と卓越したスキルに宿るべき“倫理感”と“人を思いやる心”です。患者さんに寄り添える細やかな心配りは、いつの時代の医療にも不可欠です。また、物事の真理を探究するリサーチマインドを養い、ひとつの事象に対して多角的な視点をもつ姿勢も大切です。そうした医療人としての深みは、医療に関わるすべての者が連携し、情報や意見の自由な交換から育まれます。ここには附属2病院を有し、看護学科・医学科ともに実践的な教育を受けることができる恵まれた環境があります。Message from the Dean60

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る