横浜市立大学 大学案内2018
68/124

医学科在学生/卒業生の紹介附属病院を二つ持ち、そのうちひとつに高度救命救急センターがある点、英語教育にも力を入れている点からYCUを選択しました。1年次の共通教養課程では、留学生や他学部の学生と交流する機会が多く、視野を広げることができました。また、教室体験実習や福祉施設実習を通じて医療の現場がより身近に感じられただけでなく、医師として求められる役割をより明確に自覚することができました。今後は語学力に磨きをかけ、国内外どこでも活躍できる医師になりたいと思っています。Ryota Abe 神奈川県 私立栄光学園高等学校卒1年次前期の時間割の例医学科2年阿部 竜太語学力に磨きをかけ、国内外どこでも活躍できる医師を目指します。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月APEⅤAPEⅤ教養ゼミ教養ゼミAPEⅢAPEⅢ化学結合と構造微分と積分現代社会とジェンダー火日本国憲法倫理学行列とベクトル水生体分子と細胞リメディアル物理木医療と社会病気を科学する金Education in the World科学技術の創成生命科学と環境YCUには学生の能動的な学修を支援する環境が整っており、論文の抄読会に参加したり、先生方のもとで有意義な研究を行うことができます。課外活動もさかんで、先輩や同期、後輩と一丸となって切磋琢磨することで、チーム医療に不可欠である協調性やコミュニケーション能力を得ることができます。3年次の臨床医学の講義では、幅広い専門知識を学ぶことを通してさまざまな領域に対する興味を深めることができました。今後も自分自身の知識と経験を高めつつ、医師としての将来像を模索していきたいと考えています。Kana Matsumoto 神奈川県 私立横浜共立学園高等学校卒3年次前期の時間割の例医学科4年松元 加奈臨床医学の講義でさまざまな学問に対する興味を深めることができました。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目6時限目月病態代謝病態代謝病態代謝医療倫理学医療倫理学火水木金医療倫理学再生医学再生医学再生医学基礎病理学基礎病理学基礎病理学環境分子医学環境分子医学環境分子医学基礎病理学基礎病理学基礎病理学疫学・予防医学疫学・予防医学疫学・予防医学地域保健医療学地域保健医療学地域保健医療学基礎病理学基礎病理学基礎病理学病態代謝病態代謝病態代謝分子細胞生物学分子細胞生物学解剖発生学医学科は、学生同士はもちろん先生方との距離も近いのが魅力です。基礎医学では、座学で正確に知識を得ることに加え、実習やPBL(プロブレムベースの学修)、TBL(チームベースの学修)を通して課題解決やクリティカルシンキングの方法を学び、自分の意見を正しく伝える力を養いました。講義や実習以外にも、先生方が実際の臨床の雰囲気をくわしく伝えてくださるのもYCUの魅力です。現在、人体の機能や英語を積極的に勉強しています。精巧な人の体のしくみを知ると医師に近づいていることを実感しますし、英語を使いこなすことで、得られる知識が増えます。将来出会う患者さんのためにひたむきに勉強し、信頼される医師になりたいと思います。Takehiro Kato 東京都 私立開成高等学校卒 2年次前期の時間割の例医学科3年加藤 丈弘将来出会う患者さんのためにひたむきに勉強し、信頼される医師になりたいです。1時限目2時限目3時限目4時限目月生理学生理学解剖発生学解剖発生学火生化学生化学解剖発生学医療コミュニケーション医療コミュニケーション解剖発生学生理学生理学解剖発生学解剖発生学水解剖発生学木解剖発生学金解剖発生学医学科 School of Medicine Medical Courseーーーーーー66

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る