横浜市立大学 大学案内2018
69/124

YCUには4年次の研究室配属をはじめさまざまな実習があり、座学の講義だけでは学べない知識や経験を得る機会にも恵まれています。5年次からは、病棟で実際に患者さんに接しながら、疾患についてだけでなく、患者さんとのコミュニケーションや患者さんの背景を考慮した治療の選択方法などについて学んでいます。医師としての力量が患者さんの予後に直結することを実感し、身が引き締まる思いです。これからも、小さい頃からの夢であった立派な医師になるべく頑張っていきたいと思います。Yuka Kiyomiya 神奈川県 私立横浜雙葉高等学校卒5年次前期の時間割の例医学科6年清宮 優香臨床の現場では、医師としての力量が患者さんの予後に直結することを実感しました。医学のみならず、英語教育が充実していることに惹かれYCUを選びました。医学の必修の講義のかたわら医学部向けの英語の任意の講義も履修し英語力を強化することができました。また、4年次のリサーチ・クラークシップ以来、法医学教室で「未成年の予防可能な死亡を減らす」というテーマで研究を行っています。本研究は、子どもの貧困、教育格差、虐待など子どもを取り巻く多様な問題を背景としており、自身の興味に合致した研究であると自負しています。将来は、臨床医または法医学者としてこのテーマを追求し続けていきたいと思います。Momoka Tanabe 東京都 国立東京学芸大学附属高等学校卒4年次前期の時間割の例医学科5年田邊 桃佳臨床医、法医学者として研究テーマを追求していきたいです。月火リサーチ・クラークシップ水木金6年間の勉強、実習、試験は大変でしたが、YCUは同級生同士の結びつきがとても強く、昼夜関係なく皆で教え合うなど「一緒に乗り越えていこう」という風土が魅力のひとつだと思います。YCUでは、座学や実習を通して科学的思考や態度、リサーチマインドといった医学の基本、患者さんへの接し方といった医療の基本を先生方のていねいな指導により身に付けることができます。卒業後も在学時に学んだことを基礎にしっかりと研鑽を積み、救急医として横浜・神奈川の医療を支える一員となれればと思います。Kosuke Shimada 東京都 私立麻布高等学校卒2017年3月卒業島田 航輔救急医として横浜・神奈川の医療を支える一助となりたいです。2017年度より初期研修医(横浜医療センター→附属市民総合医療センター)として勤務月火病棟実習水木金教育の特徴グローバル教育国際総合科学部データサイエンス学部医学部大学院/研究施設キャリアサポート/学生支援キャンパスライフ入試情報/学費・奨学金医学科67

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る