横浜市立大学 大学案内2018
76/124

看護学科在学生/卒業生の紹介YCUを選んだ理由は、2つの附属病院があり実習環境が充実していることと、1年次に共通教養科目で他学部の学生と交流することで、広い視野が得られると考えたことから。Practical Englishと情報コミュニケーション入門の単位を早い時期に修得したことで、看護学の勉強に力を入れることができました。今後は講義や実習を通して、より専門的な知識や技術を身に付けていきたいです。また、たくさんの方々との関わりを通して、患者さんの心に寄り添うことができる豊かな人間性を育んでいきたいと思います。Akari Rikukawa 神奈川県立川和高等学校卒1年次前期の時間割看護学科2年陸川 明梨恵まれた環境での学びを通して、人間性豊かな看護師を目指します。1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月看護形態・機能学Ⅰ看護形態・機能学Ⅱ看護形態・機能学Ⅱ火教養ゼミ教養ゼミ看護学概論水木総合講義(医療と社会)病気を科学する金生物学入門総合講義(生命科学と環境)看護師の魅力は、キャリアアップしていく中で、専門とする科を変更したり専門看護師、認定看護師といった資格取得に挑戦したりなど、自分のやりたいことを選択し続けることができることだと思います。YCUは、横浜市内に実習先が多く、卒業後就職する際のイメージが湧きやすいのが魅力です。また、隣に附属病院があるため、授業等でも看護師さんからさまざまな実務について実際に学ぶことができます。自分の将来について常に考えることができる恵まれた環境にあることを実感しています。Yuki Takeda 神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校卒看護学科4年武田 優希実習が横浜市内で、卒業後就職する際のイメージが湧きやすいのが魅力です。附属病院を2つ有していること、横浜という国際的な大都市に立地していることからYCUを選びました。授業では、専門知識と共に根拠をもって看護を提供するための考え方を学ぶことに加え、患者さんや家族の方、現場で医療にたずさわる方のお話を聴く貴重な機会もあります。また、CNS※の方の講義を受けられるなど、看護師としてのキャリアデザインを考える場も充実しています。講義や実習などから「自分は看護師になって何をやりたいのか」について考え、看護について深く学んでいきたいと考えています。Yuka Obuchi 秋田県立能代高等学校卒看護学科3年大渕 悠香患者さんや家族の話を聞く貴重な機会も。キャリアデザインを考える場も充実しています。3年次前期の時間割1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月成人看護演習Ⅱ成人看護演習Ⅱ火地域看護方法論Ⅱ在宅看護方法論Ⅰ小児看護方法論精神看護学演習母性看護学演習地域看護方法論Ⅱ老年看護方法論国際看護学Ⅱ水老年看護方法論木金看護情報学2年次前期の時間割1時限目2時限目3時限目4時限目5時限目月臨床病態学Ⅰ臨床病態学Ⅰ精神看護学概論母性病態・治療学精神病態・治療学保健医療統計学火地域看護学概論臨床病態学Ⅰ基礎看護援助論Ⅱ保健福祉行政論母性看護学概論在宅看護学概論基礎看護援助論Ⅲ保健福祉行政論基礎看護援助論Ⅲ看護薬理学看護倫理学保健医療統計学水看護倫理学社会福祉学木基礎看護方法論Ⅱ基礎看護方法論Ⅱ金看護形態・機能学演習看護形態・機能学演習看護学科 School of Medicine Nursing Course(※)専門看護師ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー74

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る