横浜市立大学 大学案内2018
80/124

身近な実習機関として貴重な場を提供する2つの附属病院横浜市立大学附属病院(福浦キャンパス)福浦キャンパスに医学部と共に立地する附属病院は、370万人の横浜市民の医療の最後の砦として安全かつ高度な医療を提供しています。高度先進医療の開発と発展を推進する、横浜市内唯一の「特定機能病院」であり、「地域がん診療連携拠点病院」「神奈川県エイズ治療の中核拠点病院」「災害拠点病院」の役割を担うなど、各領域で最高水準の医療・看護を提供しています。さらに、医療人を養成する機関として大学の医学教育の根幹を担い、附属市民総合医療センターと協同して、多くの実習生や臨床研修医を受け入れています。また、地域医療連携の中枢として県内の医療機関との連携を図り、地域全体の医療の向上に貢献しています。患者さんの思いをくみ取り、最善を尽くす医療人を育成。ここでの病棟実習では、さまざまな疾患・症例を目の当たりにし、多くの患者さんと触れ合う機会に恵まれています。実習で大切なのは、人を思いやる心を育むこととコミュニケーション力を向上させることで、“人としての成長”と言い換えられるでしょう。私たちが教えられるのは、知識と技術です。人間的な成長は、自分に足りないものに気づき、それをひとつずつ積み重ねていけばよいことで、一足飛びにと焦る必要はありません。医学科の5年生は、よりドクターに近い立場で臨床に立つようになります。そのときに、医学的な最善策が患者さんの望む方法とは限らないといったような、“医療と医学の違い”に直面するかも知れません。医療には相手の気持ちをくみ取る心が必要です。安全性を確保しながら、医療人として患者さんの気持ちと医療に関わるすべてのスタッフのことも考慮した最善策を実行するプロセスを学び取ってほしいと思います。Michiko Aihara附属病院長相原 道子目の前にいる患者さんの より良い生活を支援。整形外科病棟に勤務し、患者さんが術前から術後の経過をイメージできるようオリエンテーションを行い、安心して手術に臨めるよう支援しています。手術後は、退院後の患者さんのより良い生活を考え、リハビリテーションを進めています。YCUは1年次に共通教養科目があり、他学部の学生との交流を通じて視野を広げることができました。2年次からは専門科目が主となり、講義や実習を通して自分が目指す看護について考える機会がたくさんありました。YCUでの大学生活を楽しみながら、多くのことを学んでください。Yuzuka Masuda附属病院 看護師益田 ゆず香2016年3月 横浜市立大学 医学部看護学科 卒業神奈川県 横浜市立金沢高等学校卒研修医として月単位でさまざまな科をローテートしています。主に入院患者さんを中心に回診やカンファレンスをして何か変わったことがないか確認し、検査治療の方針を立てています。検査や手術は上級医の先生と行い、自分が執刀医になることもあります。当直では病棟の業務に加え、急患も対応しています。 医学部では、ほとんどの学生が医師や看護師になる状況のなか、学年や部活動・サークルを通した縦横のつながりが強く、近郊のさまざまな病院に知っている先輩や同期、後輩がいることが大きな魅力です。Hiroki Katayama附属病院 研修医片山 裕貴2016年3月 横浜市立大学 医学部医学科 卒業神奈川県 私立神奈川大学附属高等学校卒病院長・卒業生メッセージ顔なじみの仲間が近くで働く、力強い環境。78

元のページ  ../index.html#80

このブックを見る