横浜市立大学 大学案内2018
86/124

横浜市立大学附属病院市民総合医療センター研究施設・連携研究機関がん、生活習慣病などの克服を目指した基礎研究と、その成果を臨床に応用する橋渡し研究(トランスレーショナル・リサーチ)を推進しています。■ 先端医科学研究センター(福浦キャンパス)トランスレーショナルリサーチ体制横浜市立大学先端医科学研究センターは、2006年に設置された大学直属の研究センターです。臨床への橋渡し研究を推進するとともに、各解析センター等の研究活動を基盤にさまざまな国家プロジェクト等に参画するなど、国内有数のライフサイエンス研究拠点として、着実な成果を重ねてきました。2015年からは、URA推進室と連携し、戦略的な取組を一層強化したほか、企業との共同研究を行う「産学連携ラボ」も拡充するなど、優れた研究成果を社会に還元できるよう取組を進めています。鶴見キャンパス(生命医科学研究科)福浦キャンパス(医学研究科)先端医科学研究センタープロテオミクス 准教授木村 弥生Yayoi Kimuraトランスレーショナルリサーチ 准教授芝田 渉Wataru Shibataバイオインフォマティクス 准教授中林 潤Jun Nakabayashiプロテオーム解析センターゲノム解析センターセローム解析センター専任教員次世代臨床研究センター2015年度に発足した次世代臨床研究センター(Y-NEXT)は、病院長を中心とし、臨床研究を専門とするプロフェッショナルが集結して、全学的な臨床研究の支援を行っています。私たちY-NEXTが担うのは、「夢の治療法」を「あたり前の選択肢」として確立するための臨床研究を推進することです。臨床研究を円滑かつ安全に実施するための支援を行っています。■ 次世代臨床研究センター(附属病院)日常診療病院における臨床応用臨床研究橋渡し研究基礎研究84

元のページ  ../index.html#86

このブックを見る