愛知県立大学 令和4年度 学校推薦型選抜学生募集要項 (大学入学共通テストを課さない・愛知県内枠)
5/30

- 2 - 各学部のアドミッション・ポリシー 外国語学部 1.求める学生像 ・基礎的な学力を身につけ、特に英語や論理的思考に秀で、かつ、日本語による文章表現能力を備えた人 (知識・技能、思考力・判断力・表現力等) ・外国語や異文化、国際問題や国際交流に強い関心があり、それに関わる専門科目とともに広く深い教養を学ぶことによって、地域社会や国際社会の発展のために貢献したいという高い志と意欲がある人 (主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度) 2.入学者選抜の基本方針:「求める学生像」に基づき、選抜試験を行います。 選抜試験種別 学校推薦型選抜 県内枠 評価する 能力 適性検査で外国語学部において学ぶために必要な英語の知識・技能、思考力・判断力・表現力等、特に英語の読解力・作文力・聴解力を評価し、面接で志望動機、学習意欲、目的意識、高等学校等での生活や活動状況等を評価する。 評価方法・ 比重 【一次】適性検査〔英語(筆記)、英語(リスニング)〕 【二次】出願書類、面接 適性検査と面接の比重は2:1とし、出願書類の内容も含めて総合的に評価する。 日本文化学部:国語国文学科 1.求める学生像 学力の3要素 ① 知識・技能 世界の中での日本文化を理解するために必要な国語・社会に関する幅広い知識と関心を持つ人 ② 思考力・判断力・表現力等 社会や文化のあり方について、論理的に思考・判断し、それを他者に表現できる人 ③ 主体性を持って多様な人々と 協働して学ぶ態度 地域・社会に主体的に関わる意欲を持ち、それを世界に発信する態度を有する人 2.入学者選抜の基本方針:「求める学生像」に基づき、選抜試験を行います。 選抜試験種別 学校推薦型選抜 県内枠 評価する 能力 出願資格を国語の学習成績の状況が5段階評価で4.0以上であることとし国語の①知識・技能を、小論文で国語の①知識・技能および②思考力・判断力・表現力等を評価する。面接では②思考力・判断力・表現力等および③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を評価し、これらすべてを兼ね備えた人を選抜する。 評価方法・ 比重 【一次】小論文 【二次】出願書類、面接 小論文と面接の比重は1:1とし、出願書類の内容も含めて総合的に評価する。

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る