岐阜大学 応用生物科学部 2020年度版
15/24

15診断・治療の実践教育を担う附属動物病院では、開業医から紹介される診断や治療の難しい症例の診療を行い、高度先進医療を提供しています。学部学生や大学院生ならびに臨床獣医師に、日常の診療活動を基盤にした臨床教育を実践しています。また、動物医療に関わる先端研究を推進して獣医学の発展にも寄与しています。[当病院の施設について]附属動物病院は中部地方で唯一の大学附属動物病院であり、地域の中核施設として開業獣医師からの紹介症例を中心に診療活動を行っています。伴侶動物を対象とした内科、外科、腫瘍科、神経科、麻酔科とともに、大動物診療に特化した臨床繁殖科が設置されています。平成22年秋に新築された病院棟には国立大学初の高エネルギー型放射線治療器や、マルチスライスCT装置、CアームX線装置、超音波画像診断装置、動物用内視鏡・腹腔鏡システムや電子カルテを導入しています。さらにコンピューター制御トロンボエラストグラフ、歯科診療機器などを備え、難治性疾患に対する高度先進動物医療を推進し、豊富な臨床経験を生かした臨床教育により、高度な専門知識を有する獣医師の育成を担っています。また、活発な研究活動を展開して臨床獣医学の発展に寄与しています。少人数グループでの個別教育2 年次に、少人数のグループで自主的に学習するプログラムが組まれています。マンツーマンに近い形で、きめ細かい個別指導を行います。基礎実験法、レポートの作成法、プレゼンテーションの方法、倫理等、獣医学の専門科目を学ぶための基本事項を習得します。動物病院における実践教育専門教育を履修し、獣医学共用試験合格後、5 年次には、動物病院での総合臨床実習が行われます。動物病院の各診療科で、実際の診療現場で、診断治療のプロセスや原因究明のための思考法を学びます。4年次までに学んだ知識や技術を実践的に活用できるように訓練するプログラムです。遠隔講義システムによる授業一部の専門科目については、両大学の学生が遠隔講義システムにより同時に受講します。その場にいながら、一方の大学の教員による、より専門的な講義を受けることができます。研究室の先生が熱心に指導してくれます! 小さい頃から動物が好きで、獣医学科に入学しました。岐阜大学は豊かな自然に囲まれており、授業のほかサークルなどでも動物と触れ合うことができるところが魅力的だと思います。研究室では、先生が一人一人熱心に指導してくださり、動物の体のことをより詳しく学んでいます。将来は、研究室で学んだ基礎を応用して、たくさんの動物を診れる獣医師になりたいです。共同獣医学科 4 年笠原 奈津美さん 大阪府出身多くの命を救うことができる獣医師になりたい! 幼い頃から動物が好きであったので、彼らの命を救う仕事をしたいと思い獣医学科を志望しました。ここでは、獣医学の基礎から応用までたくさんの講義を受けることができます。また、附属動物病院では高度な先進医療が行われていますので、全ての診療科をまわる総合臨床実習では講義で得た知識を臨床現場でどう活用するかを実践的に学ぶことができます。将来は動物に寄り添ってより多くの命を救うことができる獣医師になりたいと思い、講義や実習、研究室での研究に取り組んでいます。共同獣医学科 5 年宮崎 陸さん 石川県出身Joint Department of Veterinary Medicine 共同獣医学科Animal Medical Center動物病院Message解剖学、組織学、発生学、生理学、薬理学、病理学、免疫学、微生物学、魚病学、水産学、動物感染症学、寄生虫病学、動物衛生学、食品衛生学、環境衛生学、毒性学、人獣共通感染症学、疫学、野生動物医学、内科学、外科学、麻酔学、画像診断学、産業動物臨床学、臨床繁殖学、畜産学、解剖学実習、組織学実習、病理学実習、微生物学実習、寄生虫病学実習、動物衛生学実習、食品衛生学実習、プレクリニカル実習、総合参加型臨床実習、獣医学インターンシップ、国際獣医学インターンシップ授業科目(一部)MRI(磁気共鳴画像装置)マルチスライスCT装置Message

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る