岐阜大学 応用生物科学部 2020年度版
16/24

16CAMPUS MAP 103010204※応用生物科学部の関連施設のみピックアップしています。07 生命の鎖統合研究センター糖鎖科学の実績があること、医薬獣がワンキャンパスにあることを背景として岐阜大学の次世代生命科学拠点として発足しました。令和元年度に主要部門が連合大学院棟の3~5階に集約されました。08 家畜衛生地域連携教育研究センター(GeFAH)岐阜県との連携により、講義や体験型実習を通じて家畜衛生学関連教育の充実・産業動物に興味を持つ学生の増加、共同研究の推進を通じて家畜衛生レベルの向上・畜産業と産業動物関連獣医師への貢献を目指します。02 図書館教育・研究の要となっている図書館は、約1万7千種の雑誌と約88万冊の蔵書があります。年間を通じて、利用者は20万人を超え、設置されているパソコンなどを利用した自習にも利用されています。09 岐阜県食品科学研究所本研究所は応用生命科学課程の学生実験を一部分担するなど、教員・学生と一体となって岐阜県および地域産業界の食品科学研究・教育を進め、地域発展に貢献します。(詳細は11ページを参照)03 学生寮キャンパス内にあり、男子 200 室、女子 75 室。個室と共同利用のリビングルームが設けられています。01 大学会館・保健管理センター大学会館には、食堂、書籍・購買やサークル活動などで使用する集会室があります。隣接する保健管理センターは、医師・保 健 師 が 常 駐 、心と体両面の保健指導と健康に関する情報提供を行っています。気になることは気軽に相談を。

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る