岐阜大学 応用生物科学部 2020年度版
4/24

有機微生物を使ったバイオコントロール土を使わない養液栽培は、葉が茂り果実の収穫数も大幅に増加するので植物工場の主要な技術です地球温暖化によるイネの不稔に関する研究環境制御に関する遺伝子発現調節システム解析植物ホルモン応答性実験不良環境への適応に関するストレス応答分子機構の解明グリーンバイオテクノロジーで未来を切り拓く植物の生理、 栄養、 遺伝、 病理、 育種、 栽培学などの高度な知識に基づく最先端の技術を駆使し、植物のチカラを最大限にいかしたミクロからマクロまでの幅広い研究を展開しています。植物のもつ特性を評価し、豊富な遺伝資源を活用した品種育成への利用を目指しています人・生 物・自然環境との調和、共存を目指し持続可能な食料生産に貢献する

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る