岐阜大学 地域科学部・地域科学研究科
16/24

地域科学研究科選択必修科目自由選択科目14特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ:指導教員と相談して修士論文のテーマを決め、その準備・作成を行います。特別研究:指導教員の指示を受けて、1年次前期の夏季休業中などに集中的に行います。選択必修科目:地域政策専攻で3(経済社会、行政社会、自然環境)、地域文化専攻で2(社会生活、人間文化)、計5つの教育研究領域に各2科目ずつの選択必修科目があり、この中から2科目(4単位)以上を履修します。自由選択科目:各教育研究領域ごとに4〜14の自由選択科目があり、所属する専攻の科目として6科目以上と、この他に所属専攻もしくはもう一つの専攻の科目のうちから、2科目以上、併せて8科目(16単位)以上を履修します。専門的な分野と幅広い関心に合わせて授業を選べます。非常勤講師による特別講義の他、学内の他の研究科や、他大学の大学院(互換協定を持つのは岐阜経済大学)の単位も認められます。経済社会理論経済学特論比較経済体制論特論計量経済学特論地域産業特論経済地理学特論中小企業論特論行政社会行政法特論行政学特論憲法特論社会政策特論民法特論地方財政論特論地域科学特別講義 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ特別演習 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ自然環境環境物理学特論環境心理学特論メディア論特論生活指導論特論保全生態学特論数理システム特論数理化学特論環境計算化学特論都市環境工学特論数理物理学特論地域社会学特論社会福祉論特論労働社会学特論歴史学特論現代史特論地域福祉論特論社会人類学特論文化人類学特論社会生活価値哲学特論文化解釈論特論日本思想史特論生命倫理学特論自然哲学特論健康教育学特論日本近代文学特論表象文化論特論英語圏文学特論特別研究2021年度入学人間文化心理学特論言語文化論特論言語教育学特論ドイツ文学特論社会言語学特論中国文学特論中国語学特論専攻領域と思っています。この観点から勉強したいと思ってます。 私は、高校時代から言語に興味がありました。そして、大学では自分で韓国語を勉強しました。今は日本語と英語を勉強して、暇な時は自分の趣味として韓国語の能力を向上させています。今の社会では、一つでも多く言語を身につけるのは価値があることだと思います。地域政策 柳颸雨と申します。大連東軟情報学院日本語専攻を卒業しました。2018年に京都産業大学の交換留学生として、日本に留学した経験があります。その時から日本文化に興味を持ち、その結果、日本の大学院に進学することに決めました。現在、自分が深く興味がある環境の中で学び、生活し、日本文化を真正面から感じたいと思っています。 大学のクラスメートに中国貴州省出身の少数民族の学生がいました。しかし、中国語しか話せません。今中国の多くの若い少数民族が、自分の民族の言葉をあまり話せなくなっています。少数民族語が話せる人は本当に貴重です。幸いなことに、大学のルームメイトが、自分の母国語を話せる景頗族の友達を知っていました。それで、私は、修士論文のテーマとして、景頗語の統語論について研究しようと思いました。自分の研究が何かの貢献になってほしい地域文化学生の声柳 颸雨さんカリキュラムの概要授業科目一覧

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る