岩手県立大学 平成31年度入学者選抜要項
23/40

-21-社会人入試実施学部全学部(看護学部、社会福祉学部、ソフトウェア情報学部、総合政策学部)実施します。募集人員各学部・学科 若干名出願要件 平成31年4月1日現在で満23歳に達している者で、次のいずれかに該当するものとします。⑴ 高等学校等を卒業した者⑵ 通常の課程による12年の学校教育を修了した者⑶ 学校教育法施行規則第150条(第6号を除く)の規定により高等学校を卒業したものと同等以上の学力があると認められる者<出願上の注意> 社会福祉学部においては、この入試の入学生は、転学科できません。選抜方法等1 選抜方法2 配点3 出題範囲・出題意図4 合否判定基準出願期間平成30年11月1日(木)~平成30年11月8日(木)試験日平成30年11月25日(日)合格発表日平成30年12月3日(月)※学生募集要項については、本学ホームページからのダウンロードによる提供となります。※出願資格の⑶で、学校教育法施行規則第150条第7号の規定に基づく「個別の入学資格審査」を受けて出願しようとする者は、事前に資格審査を受けなければなりません。詳細については、本学ホームページ(http://www.iwate-pu.ac.jp/)で確認してください。看護学部 本学が要求する書類等の出願書類並びに、本学が実施する小論文及び面接によって選抜します。(面接では口頭試問を含む場合もあります)社会福祉学部総合政策学部 本学が要求する書類等の出願書類並びに、本学が実施する小論文及び面接によって選抜します。ソフトウェア情報学部 本学が要求する書類等の出願書類並びに、本学が実施する国数英及び面接によって選抜します。学部小論文国数英面接出願書類合計看護学部100―50面接の資料150社会福祉学部100―50面接の資料150ソフトウェア情報学部―100100200総合政策学部100―50面接の資料150科目等出題範囲・出題意図看護小論文 読解力、論理的思考力、文章表現力を評価する問題です。面接 出願書類(調査書)を面接の資料とし、意欲、適性、コミュニケーション能力、表現力を総合的に評価します。(面接では口頭試問を含む場合もあります。)社会福祉小論文 理解力、判断力、論理的思考力、表現力を中心として総合的に評価する問題です。面接 志望動機、意欲、理解力、判断力、論理的思考力、表現力、コミュニケーション力などの観点から総合的に評価します。出願書類を面接の資料とします。ソフトウェア情報国 数 英 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A(全範囲)、数学B(数列・ベクトルのみ)、国語(古文、漢文を除く)、英語の学習範囲を中心として、文章読解・構成力、論理的思考力、数的処理能力などを問う問題で、記述形式で解答するものです。 解答に当たっては、辞書(英和1冊。ただし、電子辞書等電子的なものを除く)を持ち込み、使用することができます。総合判定資料(書類・面接) 志望動機、意欲、適性、基礎学力、表現力などの観点から総合的に評価します。総合政策小論文 理解力、問題発見力、思考力、論理性、表現力を中心として総合的に評価する問題です。(英語の問題を含みません。)面接 志望動機、意欲、適性、能力、表現力などの観点から総合的に評価します。出願書類を面接の資料とします。学部合否判定基準看護学部 総合点(小論文、面接の合計点)の順位により判定します。社会福祉学部 総合点(小論文、面接の合計点)の順位により判定します。ソフトウェア情報学部 国数英の得点と総合判定資料(出願書類及び面接)の得点がいずれも合格基準点以上の者を対象として、国数英の得点及び総合判定資料により総合的に判定を行います。総合政策学部 総合点(小論文、面接の合計点)の順位により判定します。(下線部が変更箇所)

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る