岩手県立大学 入学案内2022
10/100

科目クローズアップ基盤教育 大学では、これまでの学びと異なり、自ら問いを立てて、主体的に学び、その問いに創造的に答えていく学修となります。そのためにも、学びのための方法を確実に身につけていく必要があります。大学で学ぶために 大学で学ぶための基本的なスキル(アカデミックスキルズ)の獲得を目指します。文献を読むこと、レポートを書くこと、プレゼンテーションすることを通して、課題設定力、問題解決力、批判的思考力を身につけ、ここでの学びが、4年間の専門教育を発展させていくための基盤としての力となります。入門科目大学で学ぶ力をつくる「基礎科目群」生きる世界を知る、そして学問を知る・使うための「教養科目群」英語でコミュニケーション、そして発信するために 教養教育や専門教育の基盤となる英語の学力を身につけ、親しみながら学修していくための知識・技能・態度を養うことを目的としています。レベル別の少人数クラスで「英語基礎演習」「英語実践演習」の2つの科目を効果的に融合した教育を展開しています。英語ICT社会で正しく情報を活用するために 各種コンピュータアプリケーション、ネットワーク操作を習熟するとともに、情報技術活用についての社会的責任(情報にかかわるモラル)、影響などを学び、これからの情報化社会に参画する態度を身につけます。情報処理自らの健康を考え、維持するために 現代における健康について幅広く考え、心身の健康や健康的な生活・生き方について考え、自ら積極的に健康的な生活のための行動がとれることを目指します。また各種スポーツ種目の実践から、身体機能を高め、健康保持のためのスポーツを考え、スポーツを通してのコミュニケーションを考えます。保健体育生きる場としての世界を知り、活躍するために ローカル、グローバル両面から生きる世界を捉え、4年間で学ぶ各専門科目を社会に還元していく方法について考える基盤を身につけることを目指します。地域教養・国際教養大学人としての教養を広げるために これまで人類の文明に寄与してきた各種学問の「知」を学び、自らの専門領域に関連付けて考えることを目指します。また現代社会の課題、事象に焦点を当てた多角的、学際的なアプローチで、社会における正解のない本質的、普遍的な問題について考え、自身の考えを深め、構築していくことを目指します。基盤教養・課題別教養010

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る