岩手県立大学 入学案内2022
16/100

~アカデミックスキルをもとに看護実践能力を身につける~ 看護学は、人間の命や健康そして生活を支える、人間科学を基盤とした学問として発展を続けています。多様な存在である人間を深く理解し、寄り添い、その人に合った健康支援を実践する看護専門職は、これからも社会のあらゆる場で活躍が期待されています。看護学部では、1年次から大学での学びを保証するアカデミックスキルを修得します。そのうえで科学的知識に裏付けられた看護実践能力、対象を尊重した深い倫理観や豊かな感性を育成できるようにカリキュラムが構成されています。そして開学から22年看護教育や研究に一緒に取り組んできた県内さまざまな医療施設等で臨地実習を行い、主体的に看護を実践する能力を修得します。看護学部には多くの笑顔と夢があふれています。さらなる看護学発展のために皆さんと共に学び合えることを楽しみにしています。看護学部主体性と看護観を育みより良い看護を考え提供する力地域の医療に欠かせない存在に 岩手県立大学看護学部では、資格取得のための学びだけでなく、大学教育の特色として、幅広い教養と科学的根拠に裏付けられた論理的思考力や創造性の涵養、確かな知識に基づく課題発見・解決能力など、生涯にわたり看護学を探究する能力を養います。そして、卒業と同時に学士(看護学)の学位が授与されます。高度化、多様化、専門化する医療や、変動する社会のニーズに対応できる看護専門職者を育成するため、より実践的で体系的な教育課程を編成しています。岩手県立大学看護学部学部長 福島 裕子 もともと地域看護学に興味があり、学ぶなら県内で、優秀な先生方がいて高度な教育が受けられる岩手県立大学を選びました。先生方の指導はとても親身で、万全のサポートのもと実習にも安心して取り組めます。実際の看護の場やサポートの経験を交えながらの指導はイメージしやすく、実習などの実践の場でも役立っています。3年次からの領域別実習では県内各地の病院や福祉施設を巡り、多くの皆さんと関わる中で、地域の特徴や課題などさまざまなことを学ぶことができました。実習や授業を通して、将来は、その地域の強みやつながりを活かし、多様な立場にある住民一人ひとりの暮らしを大切にできる保健師になりたいと思います。確かな知識と技術を学ぶ人に寄り添うケアを実践看護学部4年岩手県立盛岡第二高等学校卒山田 芽生さん やまだめい学部長からのメッセージ016

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る