岩手県立大学 入学案内2022
43/100

資格取得のためにはどんなことを学びますか?社会福祉士 医学、法学、心理学、社会学などに加えて、「福祉とは何か」や、福祉の対象となる人々についての理解、福祉の制度や社会システムなど、広範かつ専門的な知識を習得。相談援助のコミュニケーション技法の習得、実習に向けた事前学習などを行うとともに、実践現場での実習で学びを深めます。【授業例】社会福祉原論、高齢者福祉論、児童福祉論、障がい者福祉論、公的扶助論、社会保障論、ソーシャルワーク演習、ソーシャルワーク実習など保育士 外国語や体育、心理学や法学などの教養科目に加えて、保育の本質・目的や、保育の対象についての理解、保育の内容および方法、実習事前・事後指導と実習などの必修科目を学びます。【授業例】保育原理、児童福祉論、社会的養護、保育者論、保育の心理学、子ども家庭支援の心理学、子どもの理解と援助、子どもの保健、保育内容総論、保育内容の理解と方法、乳児保育、発達障害論、児童福祉実習指導、児童福祉実習など精神保健福祉士 社会福祉士と共通する科目に加えて、精神保健福祉および精神障がい者への支援について学び、実習を行います。【授業例】精神疾患とその治療Ⅰ・Ⅱ、精神保健学、精神科ソーシャルワーク論、精神保健福祉援助演習、精神保健福祉援助実習など公認心理師 援助の対象となる人間のこころや意識・行動について心理学的に幅広く理解し、心理に関する支援を要する人々やその関係者への援助・支援の実践に必要な基礎的技術を学修します。【授業例】心理学概論、心理学研究法、心理学実験、公認心理師の職責、心理演習Ⅰ・Ⅱ、心理実習など●カリキュラム&授業例どんなところに就職するのですか?社会福祉士 社会福祉施設・事業所の指導員・相談員、福祉事務所や公的相談機関のケースワーカー、社会福祉協議会の福祉活動専門員、医療機関の医療ソーシャルワーカー、地方自治体の福祉専門職など保育士 保育所、乳児院、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、児童心理治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センター、認定こども園などの保育専門職精神保健福祉士 精神科ソーシャルワーカー、医療機関の医療ソーシャルワーカー、社会福祉施設の指導員・相談員、福祉事務所や公的相談機関のケースワーカー、地方自治体の福祉専門職など公認心理師 保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働関係機関などの心理職●卒業後の進路どんな資格ですか?精神保健福祉士 精神科病院で医療を受けている方や、社会参加の促進を目的とする施設を利用する方などの相談に応じ、助言・指導・日常生活に適応するために必要な訓練やその他の援助を行います。精神障がいがあっても、その人らしい生活が送れるよう、日常生活の中での問題などを共に考え解決していけるよう支援活動を行います。公認心理師 保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働の分野において、心理学に関する専門的知識および技術をもって、心理に関する支援を要する者やその関係者に対して、心理に関する相談に応じ、助言や指導その他の援助を行ったり、心の健康に関する知識の普及を図るための教育や情報の提供を行うことを業とする心理の専門職です。●資格の概要社会福祉士 身体上または精神上の障がいがある人、または環境上の理由によって日常生活を営むのに支障のある人の福祉に関する相談に応じ、必要な助言・指導・福祉サービスを提供する者または医師その他の保健医療サービスを提供する者やその他関係者との連絡調整などの援助を行うことを業としています。保育士 児童福祉法に基づき、保育所やその他の児童福祉施設において、子どもの成長や保護者の保育を助けるための、さまざまな世話・指導を行います。【参考】「保育士とは、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。」(児童福祉法18条の4)社会福祉学部・社会福祉学研究科043

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る