岩手県立大学 入学案内2022
6/100

岩手県立大学 学びのキーワード「実学実践」 岩手県立大学は、大学の基本的方向に示す通り「実学・実践重視の教育・研究」を行う大学です。岩手県立大学での学びを通じて、現代社会および地域社会における課題を見つけて解決する力、実践的・実証的アプローチで事実に向き合う力を育みます。各学部の専門教育においても実践と知識の統合を目標とし、人間性と専門性との融合を目指しています。社会に求められる教育研究を地域をフィールドに展開する 大学の基本的方向で示す「地域社会への貢献」。地域に根ざす大学として、地域政策研究センターの開設、地域協働研究への取組、東日本大震災津波からの復興研究の促進等に取り組んでいます。学生ボランティアセンターの活動も活発で、学生主体で他大学の学生とも連携を広げながら、地域の困りごとの解決など、様々なニーズに応えながら活躍しています。岩手県民のシンクタンクとして地域の課題と向き合う大学 大学の基本的方向のひとつ「国際社会に貢献する大学」。国際的な教育・研究の交流拠点として多様な国際交流を行うとともに、国際的に活躍できる人材を育成していきます。2019年にはUNAI(国連アカデミック・インパクト)に加盟したほか、2020年度からは新たに副専攻「国際教養教育プログラム」もスタート。地域課題を国際的視野から考える人材の育成に力を入れています。グローバルな視点を持ち、地域について思考する大学「地域貢献」「国際的な視野」006

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る