岩手大学 理工学部
36/52

FACULTY OF SCIENCE AND ENGINEERING36087091088092089090093094足立 寛太|ADACHI KantaG6■ 役職/助教 Assistant Professor■ 専門/材料力学 Mechanics of Materials 弾性力学 Mechanics of Elasticity 固体物理学 Physics of Condensed Matter共鳴超音波法による先進機能材料や被膜材料の弾性特性の研究デバイスを適切に設計するためには構成材料の機械的性質を把握することが重要ですが、その中でも弾性特性は最も基本的な材料特性の一つとなります。当研究室では超音波共鳴法と呼ばれる微小な試験片一つから全ての弾性定数を測定できる手法を利用して、先進機能材料や被膜材料の弾性特性の解明に取り組んでいます。さらに、高温環境下での計測が可能な実験装置を自作し、遮熱コーティング技術への決定的な貢献を目指しています。上野 和之|UENO KazuyukiG6Ⅱ■ 役職/教授 Professor■ 専門/流体力学 Fluid Dynamics 航空宇宙工学 Aerospace Engineering 材料電磁プロセッシング Electromagnetic Processing of Materials空気の流れ・水の流れ・融けた金属の流れ流体力学(水や空気の流れ)を基礎にしていろいろな研究をしています。研究対象は航空宇宙関係、金属材料プロセス関係、固液・気液相変化を伴う流れなどです。実験的研究では新型飛行船の開発と風洞の磁気支持天秤の開発に取り組んでいます。数値シミュレーションでは大気圏突入カプセルまわり流れから樹枝状結晶まわりのミクロ流動までいろいろなスケールの流れの予測を試みています。内舘 道正|UCHIDATE Michimasa9GⅡ■ 役職/准教授 Associate Professor■ 専門/機械工学 Mechanical engineering サーフェスメトロロジー Surface metrology トライボロジー Tribology最適な表面テクスチャを作成するためのコンピュータ解析機械システムにおいては、摩擦によってエネルギー損失が生じ、摩耗によって材料表面が劣化することで機器が寿命を迎えます。例えば、自動車では摩擦を数%制御するだけで年間何万トンものCO2削減につながります。研究では、表面の微細な凹凸(テクスチャ)が摩擦や摩耗に与える影響に着目し、最適な表面テクスチャを作成するためのコンピュータ解析を行っています。また、水を始めとする潤滑環境下での材料の劣化に関する研究にも取り組んでいます。小野寺 英輝|ONODERA HidekiG6Ⅱ■ 役職/准教授 Associate Professor■ 専門/流体工学 Fluid Engineering 風力エネルギー工学 Engineering for Wind Energy 産業考古学 Industrial Archeology小型風車の最適設計をメインとした自然エネルギーの利用に関する研究自然エネルギーの利用に関する研究、特に小型風車の最適設計に関する研究を行っています。風力エネルギーの利用において、大型風車は風速や景観の問題から、今後急速な普及は見込みにくいといえます。本研究室では、ビル周辺の高風速を利用した非常用電源、山岳部や砂漠における独立電源としての利用を念頭に置いた小型風車を課題としています。特に、高速回転が特徴の小型風車の欠点といえる風切り音の低減、少ない回転数でパワーの出る垂直軸風車の性能向上に取り組んでいます。佐々木 誠|SASAKI MakotoG6Ⅱ■ 役職/准教授 Associate Professor■ 専門/生体工学 Bioengineering リハビリテーション工学 Rehabilitation Engineering ヒューマンインタフェース Human Interface ロボット工学 Robotics人の生活を豊かにするライフサポートテクノロジー本研究室では、医学系研究機関との連携により、高齢者や障害者の自立生活やリハビリテーションを支援する様々な研究、たとえば、舌の運動で電動車いすやPC等を制御するための重度四肢麻痺者用インタフェースの開発、摂食嚥下障害者の口腔機能訓練や聴覚障害者の発話訓練を支援する新しいリハビリテーションシステムの開発、個々人に適した口腔ケア技術を習得するためのシミュレータ開発などに取り組んでいます。佐藤 淳|SATOH AtsushiG6Ⅱ■ 役職/准教授 Associate Professor■ 専門/制御工学 Control Engineering 航空宇宙工学 Aerospace Engineeringシステム制御理論および航空宇宙システムへの応用今日、ものづくりの現場から個々の製品にいたるまでの様々な場面で自動制御が必要とされています。システム制御理論では制御対象が持つ動的な性質を明らかにするとともに、これを利用して適切に操るための手法を研究します。佐藤研究室ではハイブリッドシステムの制御や、LMIアプローチ等の数値最適化手法を利用した制御に関する研究を行っており、JAXA等の外部組織と連携して無人航空機(UAV、ドローン)などの航空宇宙システムの研究にも取り組んでいます。清水 友治|SHIMIZU Tomoharu9GⅡ■ 役職/准教授 Associate Professor■ 専門/金型技術 Die and mold technology 品質工学 Robust Quality Engineering トライボロジー Tribology不良品の発生を高精度に検出する手法の考案、実証研究を行う金属を金型で押しつぶすプレス加工は、さまざまな形状を作り出し、多くの部品加工を効率よく生産するために使われる、大量生産に最も適した加工法。自動車部品や情報機器など最先端の産業にも広く使われています。しかしごくまれに、さまざまな要因で不良品が発生することがあり、問題への対応が強く求められてきました。そうしたニーズに応えるため、不良品の発生を高精度に検出するAE(アコースティック・エミッション)という手法の考案、実証研究を行っています。末永 陽介|SUENAGA YosukeG6■ 役職/准助教 Associate Professor■ 専門/燃焼工学 Combustion engineering燃焼現象の基礎とその応用に関する研究自動車や航空機のエンジンは、燃料を燃焼させて動力を得ています。エンジンの高性能化には、燃焼現象の基礎を理解し、新たな燃焼技術の開発に役立てていく必要があります。当研究室では、複雑な流れ場および濃度場に着目した燃焼現象の基礎研究に取組んでいます。研究成果は、超小型燃焼器やバイオマス燃焼ボイラの開発にも応用されており、鉄・非鉄金属の超微粉末材料の製造を可能とする超音速燃焼器の開発にも役立てられています。

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る