北見工業大学 2022 大学案内
13/74

教員インタビュー武山 真弓 教授北見工業大学工学部電子工学科卒業・博士(工学)北海道大学PROFILE【研究テーマ】3次元集積回路、次世代スーパーコンピューターなど最先端デバイスに関する研究とともに、オホーツク特産品のおいしさ見える化計画や、宇宙で植物工場プロジェクトなど多岐にわたる研究を展開。エネルギー総合工学コースは、エネルギーに関係する電気、機械、化学などを総合的に学ぶことができる全国的にもこれまでにはなかった新しいコースです。カリキュラムには電気回路、電気磁気学、電子デバイスなどの電気を学ぶ上で必要不可欠な内容はもちろん、熱、流体などの機械の基本的な授業、バイオエタノールやメタンハイドレートなどエネルギーを総合的に捉えた科目が中心となり、実験実習も充実させ、学ぶ力、自分で考える力を養う内容となっています。社会では電力会社、自動車、半導体産業、通信、土木建築など、あらゆる分野で電気と機械、そして化学の知識を持った人材を必要としています。私たちは何かにとことん挑戦したい学生のやる気を応援しています。失敗しても何かに挑戦し続ける。その先には必ず何か新しい発見や新しい未来がある。Interviewwith facultymember遠軽町出身で同じオホーツクにある北見工大は、身近な存在で憧れの大学でもありました。エネルギーには、熱・流体・化学などさまざまありますが、その中でも特に機械や電気エネルギーの分野に興味を持っています。カリキュラムでは実験を行うことも多く、実践的にエネルギー工学を学ぶことができます。私の目標は、電気や機械に携わるエンジニア。北見工大での学びを生かし、地元オホーツクに貢献していきたいです。地域の特色を生かしたエネルギー工学を実践的に学べるのが北見工大。将来は地元オホーツクに貢献できる、工学人を目指したい。在学生インタビュー新出 航大 さん2018年度入学エネルギー総合工学コース(地球環境工学科)北海道遠軽高等学校出身Interviewwith student11エネルギー総合工学コース /環境防災工学コース/先端材料物質工学コース/機械知能・生体工学コース/情報デザイン・コミュニケーション工学コース/社会インフラ工学コース/バイオ食品工学コース/地域マネジメント工学コース

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る