北見工業大学 2022 大学案内
21/74

教員インタビュー大野 智也 教授静岡大学大学院理工学研究科物質科学専攻博士後期課程修了PROFILE【研究テーマ】 セラミックス材料・粉体工学・二次電池先端材料物質工学コースでは、現在の便利な生活に欠かせない優れた機器や大量のエネルギーを安定的に使用する環境を作り出すために最も基礎的な部分となる「材料」の設計、創生、解析に必要な知識を学ぶことができます。また、材料開発にはまだ未知の部分も存在しています。その解答がないものに対してどのようにアプローチしていくのか?というプロセスについて学べることも特徴の一つ。卒業後は、自動車・電子機器など各分野の製造業に就職する学生が多く、日本の主要産業を支えています。学生と教員の距離が比較的近く、何かあった時に教員の助けを得やすい事も本学の特徴。おおらかな環境の中、先端分野の研究に取り組めることは非常に理想的とも言えます。人生で最も楽しい時間を、北見工大で育みませんか?挑戦なくして成功なし。最後に成功することを信じて、最初の一歩を踏み出そう。Interviewwith facultymember先端材料物質工学コースでは、理系をオールマイティに学ぶことができます。材料はモノづくりの基盤となり、有機、無機、化学、生物などさまざまな知識が必要になります。将来、研究職を考えている私にとってはふさわしいコースだと思っています。今は大学院への進学を目指して講義とは別に英語の勉強も始めています。北見工大は就職率も高く、自分の目標次第でさまざまなステージが用意されているので理系や研究職、エンジニアを目指している学生には最適な学校だと思います。理系を総合的に学べることがコースの強み。幅広い知識を身につけて、自分の目指す道をとことん追求。在学生インタビュー森 日々輝 さん2018年度入学先端材料物質工学コース(地球環境工学科)静岡県日本大学三島高等学校出身Interviewwith student材料・技術開発分野でグローバルなモノづくりを支えるプロを育てる。19エネルギー総合工学コース/環境防災工学コース/ 先端材料物質工学コース /機械知能・生体工学コース/情報デザイン・コミュニケーション工学コース/社会インフラ工学コース/バイオ食品工学コース/地域マネジメント工学コース

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る