北見工業大学 2022 大学案内
32/74

■ 専門工学分野との 関連性[P08]地域未来デザイン工学科社会インフラ工学コースCivil Infrastructure Course Program近未来の少子高齢化社会に向けた「寒冷地域のライフライン」、「高度情報通信社会」、「地域に適合したインフラ設備」等、地域の未来を創造する社会インフラの設計・構築・維持・管理に携わる専門技術者を養成します。オホーツク地域が抱える問題点について外部講師の講演や自らの調査、ブレーンストーミングなどを通じて学生自らが発掘しチームワークによって有効な解決策を見つけ出します。オホーツク未来デザイン総合工学Ⅰ・Ⅱ社会インフラの基礎工学として重要な土構造物の設計や施工の基礎的知識を習得する他、インフラのICT施工技術(情報化施工)等による施工管理方法について学びます。建設技術Lecture講義ピックアップCurriculumカリキュラム紹介構造力学Ⅰ建設材料学コンピュータ基礎地盤工学Ⅰ水理学Ⅰ建設ICT基礎測量学オホーツク未来デザイン総合工学Ⅰオホーツク未来デザイン総合工学II実践英語都市計画インフラCAD演習空間地理情報実習社会インフラ工学実験Ⅰ※記載内容は令和3年度カリキュラムであり、変更の可能性があります。 社会インフラ工学実験Ⅱ水処理工学社会インフラキャリアデザイン総合演習水理学Ⅱ地盤工学Ⅱ構造力学Ⅱコンクリート構造学雪氷学信号処理基礎ディジタル通信工学インフラGIS演習計画数理学交通基盤工学河川工学交通環境工学数値計算プロジェクト評価PC・複合構造学構造解析学建設技術海岸港湾工学橋のデザインと実習火薬学鉄道とメンテナンス社会資本マネジメント工学応用生態工学卒業研究■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■Qualification資格受験資格▶2級技術検定所定の単位を修得し、実務経験1年以上が必要です。▶1級技術検定所定の単位を修得し、実務経験3年以上が必要です。資格取得技術検定の区分▶建設機械施工 ▶建築施工管理▶造園施工管理▶土木施工管理▶電気工事施工管理▶管工事施工管理 ▶修習技術者(技術士補)本コースは地球環境工学科環境防災工学コースとともにJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定プログラムとなっています。したがって、卒業生は技術士の1次試験が免除され、修習技術者(技術士補)の資格を得ることができます。▶測量士補所定の単位を修得し卒業すると、申請により取得できます。▶測量士測量士補の取得要件に加えて実務経験1年以上が必要です。▶高等学校教諭一種免許状(工業)所定の単位を修得し卒業すると、申請により取得できます。機械情報システム土木・環境防災電気・電子材質・物質化学・バイオ・食品132430エネルギー総合工学コース/環境防災工学コース/先端材料物質工学コース/機械知能・生体工学コース/情報デザイン・コミュニケーション工学コース/ 社会インフラ工学コース /バイオ食品工学コース/地域マネジメント工学コース

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る