神戸大学 農学部・大学院農学研究科 2017-2018
13/34

1年次2年次3年次4年次CURRICULUMカリキュラム1年生では生命科学の基礎を中心に学びますが、週に1回の農場実習といった体験型講義もあります。2年生後期からは専門的な学生実験が始まり、3年生ではそれに加えて年に4回の農場宿泊実習があります。3年生後期から各研究室に所属し、食料、栽培、園芸、分析関連の研究者にとって必要な専門的知識や技術を修得することができます。応用植物学コースでは、花から樹木に至るまで、遺伝子や生態など様々な側面から植物の研究を行っています。農学部で一番実習の機会が多く、入学して間もなく、毎週加西市にある農場へ行って、土づくりをするところから野菜を育てたり、ブドウの一つの枝を担当して収穫まで行うといった授業がありました。自分で育てた野菜や果実の味は格別です。また実習以外の授業や実験でも一緒にいる時間が長いので自然と仲が良くなり、居心地の良いコースだと感じています。実際の農業の現場にも触れることができ、植物を深く学ぶことができる場所で、是非みなさんにも楽しい大学生活を送ってほしいと思っています。12●高度教養科目●食の安全科学技術演習●卒業研究●園芸食品加工学●高度教養セミナー 農学部応用植物学●応用植物学各論●造園学●樹木学演習●高度教養科目●全学共通科目●学部あるいは学科共通科目●応用植物学コース科目●基礎教養科目●総合教養科目●情報科目●外国語科目●健康・スポーツ科学●共通専門基礎科目●初年次セミナー●食の倫理●緑の保全●実践農学入門●農場と食卓をつなぐ フィールド演習●資源生命科学入門I-II●植物成長生理学●森林環境学入門●農場実習 I●国際植物防疫演習●基礎教養科目●総合教養科目●外国語科目●共通専門基礎科目●実践農学●兵庫県農業環境論●食用資源植物学●作物進化学●野菜資源学●基礎植物生化学●森林生態学●産業資源植物学●植物育種学●果樹園芸学●園芸生理生化学●園芸生産開発学●応用植物学基礎実験●国際植物防疫演習●高度教養科目●食の安全科学技術演習●外国書購読●熱帯有用植物学●植物育種方法論●花卉園芸学●園芸植物繁殖学●収穫後生理学●森林保護学●植物環境調節学●分子園芸植物繁殖学●応用植物学専門実験I-II●農場実習 II●造園学●樹木学演習応用植物学コース卒業(2016年)大八化学工業株式会社 勤務唐池 沙由理実習づくしで充実の毎日です卒業生に聞きました神戸大学農学部を卒業した学生に、本学を選んだ理由を聞きました。INTERVIEWPICKUP応用植物学コースの醍醐味は何と言っても充実した農場実習です。1年生は第1,2クォーターの間、週に1回、バスで附属農場に行って野菜と果樹の栽培を実体験します。基礎学習と農場実習PICKUP2年生からは農学部でより専門的な講義や実験が始まり、頑張りどころです。3年生になると1年間に4回の宿泊実習があります。農場の宿泊施設にコース全員で泊まり込んで集中的に栽培に携わります。コースの絆も強くなります。専門実験と宿泊実習PICKUP応用植物学コースでは3年生の後期が始まるまでに所属研究分野を決めます。3年生の終わりまでに必要な単位数(必修科目を含めた98単位以上)を取得したら、いよいよ卒業研究の開始です。一人一人がテーマを決め、1年かけて研究を進めます。生産現場から先端バイオテクノロジー技術まで幅広く学ぶことが出来ます。卒業研究農場実習(ブドウの手入れ)学生実験(2年生)農学部※カリキュラムの一部を紹介しています。科目名は変更になる場合があります。

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る