神戸大学 農学部・大学院農学研究科 2017-2018
22/34

食料共生システム学専攻Agricultural Engineering and Socio-Economics21農業生産環境の構成要素である水資源・土地資源の利用と保全、農業施設の維持管理、作物の栽培管理・収穫・加工に関する機械装置の開発などの農業工学分野の教育研究を行います。河川流域の水循環機構および水量・水質の両面から見た水環境特性の把握、流域における水循環と物質循環のモデル化と水資源管理への応用に関する教育研究を行います。水環境学農地や農村のきれいで安全な環境づくりを目指して、ため池やパイプラインを含む農地、農道、水路などの農業水利施設の合理的な設計施工、災害防止の方法や手段に関する教育研究を行います。土地環境学水、土、水利施設などからなる農業地域システムの好適創造を目指して、地下水力学、水と土の相互作用、地盤環境汚染問題、水利施設の調査・計画・保全に関する教育研究を行います。施設環境学日本と世界の農業・農村環境は今急速に変化しています。リモート・センシング、モデリング、環境・生態調査、聞き取り調査など様々な方法で環境と社会を分析し、持続的な資源管理と制度設計を模索します。地域共生計画学田中丸 治哉 教授 ・ 多田 明夫 准教授河端 俊典 教授 ・ 澤田 豊 助教田中 勉 教授 ・ 井上 一哉 准教授長野 宇規 准教授 ・ 松本 文子 助教地盤の浸透破壊実験地下水汚染物質の挙動実験ため池のトンボ生態調査乾燥砂を用いた各種模型実験パイプラインの現場埋設実験(農水省)淡路島の農地利用調査生産環境工学講座食料・農業・環境問題を解決するための理論や政策、農業経営と農業・食料関連産業のあり方や農山村の持続的な発展方策、国内外の社会調査や統計データを用いて食行動・食意識、貧困と格差などに関する社会科学的な教育研究を行います。異常気象、グローバリズム、地政学リスクなどが引き起こす国際価格の変動、食糧貧困、食料廃棄と食品ロスなど、食料を取り巻く世界はジレンマだらけ。理系ツールを活用した経済分析により、食料・農業・環境政策のあり方を解明する教育研究を行います。食料経済・政策学安全な農産物・食料を持続的かつ効率的に生産・供給していくための農業経営と食料・農業関連産業のあり方や、農山村地域の維持・発展に関して、経営学あるいは社会学の考え方や分析方法による理論的・実証的な教育研究を行います。農業農村経営学草苅 仁 教授 ・ 石田 章 准教授 中塚 雅也 准教授食料環境経済学講座山林小流域における流量観測濁度計と自動採水機

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る