神戸大学 農学部・大学院農学研究科 2017-2018
7/34

CURRICULUM61年次2年次3年次4年次●高度教養科目●地域環境工学特別演習●食の安全科学技術演習●食の安全科学実践検査学●卒業研究●地域環境工学特別講義●バイオシステム工学各論●全学共通科目●高度教養科目●学部あるいは学科共通科目●生産環境工学コース共通科目●地域環境工学プログラム●バイオシステム工学プログラム●他学科開講科目●基礎教養科目●総合教養科目●情報科目●外国語科目●健康・スポーツ科学 ●共通専門基礎科目●初年次セミナー●食の倫理●緑の保全●実践農学入門●農場と食卓をつなぐ フィールド演習●食料環境システム学概論●工業力学●情報処理●基礎教養科目●総合教養科目●外国語科目●共通専門基礎科目●実践農学●兵庫県農業環境論           ●食料生産管理学●材料力学●応用数学I・II●水理学I・II●数値解析●環境気象学●土壌物理学●土質工学I●構造力学I・II●農村環境論●測量学及び実習I●機械力学●熱力学及び伝熱工学●流体工学●実験統計学●バイオシステム工学実験法及び実験I●バイオシステムI学特別講義IV・V●土壌生化学●植物栄養学●高度教養科目●食の安全科学技術演習●食の安全科学実践検査学●食料政策●プログラミング●土質工学II●構造力学III●水利施設工学I・II●潅漑排水工学●地域計画論●応用水文学I・II●建設材料学●鉄筋コンクリート工学●生産環境保全論●土木情報施工法●土地改良法●写真測量とリモートセンシング●地域環境工学実験法及び実験I・II●測量学及び実習II●地域環境工学現地実習●環境工学●作業機・システム工学●農産プロセス工学●生物生産情報工学●生物情報工学●生物プロセス工学●生体計測工学●土壌と機械●電子工学及び空気圧工学基礎●基礎制御工学●機械要素設計及び製図演習●農場実習●生物生産工学現地実習●バイオシステム工学実験法及び 実験II・III●食品生化学カリキュラム1年生と2年生前期では共通専門基礎科目を中心に、食料生産や生物生産、環境保全に関わる幅広い素養を身に付けます。2年生後期からは専門科目群や学生実験を修得することで科学技術の基礎力と応用力を養います。3年生後期から研究室に分属して、農業工学関連の技術者、研究者として必要な実践力を身に付けます。このコースは、一言で言えば農学部のなかにある工学部のようなところです。工学という観点から農学を考えるというのは意外に感じるかもしれませんが、工学と農学の架け橋のようなここでしかできないことがたくさんあります。私自身は生物受験で入学しましたが、物理初心者にもきちんとサポートしてくれるので心配ありません。私はこのコースを、多様な学びが得られる場というふうに感じています。周りの友人たちの持っている夢・勉強する目的も個性的でさまざまですし、研究の内容も非常に多様です。必ず自分のやりたいことが見つけられると思います。ぜひ自分だけの学ぶやりがいを見つけて、大学生活を楽しんでください。在学生に聞きました神戸大学農学部に在籍する学生に、本学を選んだ理由を聞きました。INTERVIEW 2015年 生産環境工学コース入学川田 歩美やりたい事がきっと見つかるPICKUP生産環境工学コースでは、2年生の後期より、「地域環境工学プログラム」と「バイオシステム工学プログラム」のどちらかに所属して、専門性を高めていきます。PICKUPフィールドワークや実験を通して、多種多様な社会的課題の解決に貢献できる能力を養います。PICKUP人間と自然の共生、持続的発展と環境保全の両立を目指して、日本のみならず世界の地域環境工学とバイオシステム工学を支えるための学問体系になっています。農学部※カリキュラムの一部を紹介しています。科目名は変更になる場合があります。

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る