神戸大学 令和4年度 学生募集要項(一般選抜)
56/80

- 51 - 《 修学案内 》 (1)文学部の「専修配属」について ① 入学者の各専修への配属は,入学1年後に決定します。 ② 各専修への配属に当たっては,専修別受け入れ可能人数の枠内において,本人の希望により決定します。専修の受け入れ可能人数を超えた場合は,学業成績,試験または面接等による選抜が行われます。 ③ 各専修の内容等の詳細は,文学部案内パンフレット又は文学部ホームページを参照してください。 (URL:http://www.lit.kobe-u.ac.jp/) ④ 各専修の受け入れ可能人数は,次のとおりです。 専 修 受入可能人数 専 修 受入可能人数 専 修 受入可能人数 哲学 24人 フランス文学 6人言語学 9人国文学 24人 日本史学 12人 芸術学 8人中国文学 8人東洋史学 16人 社会学 18人 英米文学 16人 西洋史学 16人 美術史学 8人ドイツ文学 6人心理学 12人 地理学 6人(2)国際人間科学部の「グローバル・スタディーズ・プログラム(GSP)」について ① 国際人間科学部では,学生全員が海外での研修とフィールド学修に参加し,グローバル社会における課題について考察を深め,卒業研究・キャリア形成へとつなげていきます。卒業後,「グローバル共生社会」の実現に貢献できる人を養成することを目指し,国内外の課題の解決現場に身を置く実践型教育プログラムであるGSPを「必修科目」に指定しています。 ② GSPの中心となる海外研修・フィールド学修では,学生の関心や専門性・将来設計に応じて,次の3つのGSコースを用意しています。 ・実践型GSコース:海外スタディツアー(又はインターンシップ) ・研修型GSコース:海外語学研修(又はサマースクール)と国内でのフィールド学修 ・留学型GSコース:中長期留学と現地でのフィールド学修 ※GSPにおける海外研修・フィールド学修のプログラムは多彩であり,世界中の多様な地域や文化圏で実施されます。海外研修や国内外のフィールド学修に伴う費用は選択するGSコースや地域によって異なりますが,学生の自己負担となります。 ③ GSPでは以下のような充実した支援体制をとっています。 ・GSP オフィスを置き,プログラムの実施を支援し,学生の相談にも応じます。 ・学生の安全確保のため,危機管理体制を構築しています。 (3)海洋政策科学部の「領域配属」及び注意事項について ① 入学者の各領域への配属は,入学1年後に決定し,2年次に配属されます。 ② 各領域への配属は,本人の希望及び学業成績等を考慮して決定されます。 ③ 各領域の詳細内容は,海洋政策科学部案内パンフレット(請求等の問い合わせ先は73ページに記載)を参照してください。 ④ 各領域・コースの配属時の定員は,次のとおりです。 ―51―

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る