國學院大學 入試情報ガイドブック 2022
34/40

次の英文を読んで、後の問いに答えなさい。(本文は著作権の関係で省略)問1 下線部(1)とは何か、本文の内容にしたがって日本語で定義し   なさい。問2 下線部(2)を日本語に訳しなさい。問3 下線部(3)を日本語に訳しなさい。問4 今後の「科学」はどのように進歩すると思うか、本文の内容をふま   えて、自分の意見を日本語で書きなさい。語数は指定しないが、   解答欄の範囲に収めること。あなたは、國學院大學文学部外国語文化学科に入学して、どのようなことを学びたいと考えていますか。そして、学んだことを卒業後はどのように活かしたいと考えていますか。以上について、英語で書きなさい。語数は指定しないが、解答欄の範囲に収めること。12次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。ただし、問いの都合で返り点・送りがなを省いた部分がある。(白居易「与微之書」)(注) ○微之― 人名。○離闊― 「離闊」の「離」は「離別」の「離」と同意。また「闊」は「久闊」の「闊」と同意。○膠漆― 「膠」は、にかわ。「漆」は、うるし。○牽攣― 心がひかれる。○潯陽― 地名。  ○熊孺登― 人名。○危― 危うく心配な状態。  ○憧憧― 炎がゆらめくさま。○惻惻― 音は「そくそく」。悲しみいたむさま。○九江― 地名。  ○闇風― 夜風。  ○徐州― 地名。○提挈― 手に手を取る。問一 二重傍線部 あ~か の送りがなを含めた読み方を、歴史的仮名遣いのひらがなで記しなさい。問二 波線部①~⑩について、書き下し文と現代語訳を記しなさい。問三 傍線部a~hの語句の現代語訳を記しなさい。問四 Ⅰの「此」の指す具体的な内容を記しなさい。問五 Ⅱに入る語として最もふさわしいものを、次のア~オの中から一つ選んで記号で答えなさい。    ア 家  イ 屋  ウ 戸  エ 窓  オ 心問六 全体の内容を三百字程度で要約しなさい。問七 この文章の内容と関連させて、中国文学の特色と思われることについて、三百字程度で記しなさい。1問題  次の1~6の中から2つを選んでそれぞれ600字以内で説明しなさい。1.前方後円墳の出現から終末に至る古墳文化の動向と政治史的背景2.古代日本における律令国家の形成とその変貌3.近世の対外関係を「鎖国」から「海禁」と呼ぶようになった研究上の理由4.中国唐代から明代における税制の展開とその社会的背景5.ヴァイマル共和国の成立から崩壊に至る経緯とそのヨーロッパ史的背景6.先進国と発展途上国の都市・居住問題と具体的解決策過去問題 学士入学・一般編入学問1 次のA、Bいずれかを選び、500~600字で論じなさい。A  ギリシア語で「よき死」を意味するエウタナシアーは、現代では「安楽死euthanasia」として、とりわけ耐えがたい苦痛に置かれて死を望む患者に対して医療現場で使用される言葉である。「よき死」とは誰がどのようにして決定を下すことができるのだろうか。現在の日本においては、厳しい法的整備の前提のもとで安楽死を認めるべきだとする声もみられる。これに対して、一方では、医師による自殺幇助との違いを踏まえ、本人の意思を確認できない場合や集団圧力の問題をも考慮して、人を死なせるための法律が整うことを危惧する声も聞かれる。近年、安楽死に関する議論の成熟が求められている中で、あなた33

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る