名古屋市立大学 経済学部 GUIDE BOOK 2018
26/32

26現在の業務内容 日本銀行松本支店では、金融機関との決済業務や国庫金を取り扱う業務課、短観調査や金融機関のモニタリングを行う総務課を経験し、長野県における大河ドラマ「真田丸」の経済効果(約200億円)を試算しました。現在、発券課に所属し損傷した銀行券や貨幣の引換事務などに携わっています。1日に大量の損傷したお金が持ち込まれることもありますが、無事引換が終わった時の依頼人の喜ぶ顔を目の前で見ることができるのがやりがいです。就職先の志望理由▶日本で唯一の発券銀行として「銀行券を安心して使える環境を提供する」という公共性の高さや、取引先金融機関に対する立入検査(日銀考査)といった専門性の高さが必要とされる業務に興味を感じたからです。以前所属していた総務課では、日銀考査に参加し、金融機関の自己査定や経営状態に問題はないかなどを、金融機関の部長クラスの方と議論するなど大変良い経験になりました。学生時代に頑張ったこと 特に学生時代に励んだことはゼミ活動です。企業の粉飾決算やタックスヘイブンなどが注目される中、税コストを最小化しようとする企業の税務戦略に興味を持ったため、法人税率変更前後の企業の納税額の変化を研究しました。分析をしているときは、当初想定した結果にならないこともありましたが、ゼミ生や担当教員と議論を重ねより良い研究ができました。名市大の良いところ ①担当教員やゼミ生間の仲が良く本音で話し合える環境や、②他ゼミとの合同イベントや工場見学の開催など、学生の主体性を重視し、学生主導で企画を発案できること、③卒業生などの人脈を活かしたセミナーを開催するなど学生のキャリアプランニングに積極的に取り組んでくれることが挙げられます。川島 悠 先輩2014年卒業日本銀行 松本支店 勤務

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る