新潟大学 大学案内 2022
35/92

在学生からのメッセージ 人文学部教育学部法学部経済科学部理学部工学部農学部創生学部医学部医学科医学部保健学科歯学部大学院理学科(化学プログラム)増田 実果留さん新潟県出身理学科(物理学プログラム)住吉 美羽さん新潟県出身みなさん化学は好きですか。高校の化学では、どのようなものが反応して何になるかということを中心に扱い、「どのように反応するか」については扱わない部分も多いです。一方、大学の化学では「なぜ反応が起こるのか」、「どのようにして反応するのか」を考えます。このような「反応の仕組み」を考えることこそ化学の本当の面白さだと思います。また、化学プログラムでは複数の実験科目を通してより深く化学について学びます。化学プログラムには有機、無機、生化学など各分野の実験科目があります。文献や授業から知識を身に着けることも大切ですが、実験を通し自分で確かめることで、より深い理解が得られると思っています。実際に実験をしてみると、それまでには気が付かなかった疑問も出てきて、より理解が深まります。化学は身の周りの至るところにあります。ぜひ化学に興味をもち一緒に化学を探求しましょう。物理学は何か新しい発見があり、進歩するたびにまた変化が続いていき、新たな疑問が生まれる追求しがいのある学問です。私はその変化し続けるところに魅力を感じ、物理学を学んでいます。新潟大学理学部は専攻する分野だけでなく他の理学についても十分に学ぶことができる環境が整っています。他分野との結びつきを意識することで理学の体系的な理解を深めることができています。また2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、1年間を通して非対面での講義が続きました。このような環境の中でも様々な方法を試しながら対面時に劣らない講義を展開してくださる先生方、ともに助け合いながら学びを続けられる仲間に囲まれ、有意義な時間を過ごすことができました。物理学プログラムで高めあえる仲間とともに身の周りを取り巻く現象の「なぜ?」を追い求めてみませんか。五十嵐キャンパス研究テーマ理学部ではこんなことを研究し、学ぶことができます。数学プログラム微積分を発展させた解析学、方程式を扱う代数学、図形を広く扱う幾何学、さらに確率統計を含む応用数学を深く学ぶことができます。物理学プログラム物質の性質や仕組み、さらに新しい物質の創製に関する研究、宇宙における物質の起源や成り立ちに関する研究などを行い、学ぶことができます。化学プログラム核・放射化学、分析化学、凝縮系化学、物理化学、有機化学、生化学、量子化学、グリーン・サステイナブルケミストリーなどを研究し、学ぶことができます。生物学プログラム医学・薬学・農学全てにつながる生命科学の基礎を学びます。本プログラムでは、動物学、植物学、生化学・分子生物学をバランスよく学ぶことができます。地質科学プログラム岩石(火成岩・変成岩・堆積岩)、鉱物、地層、化石、褶曲、断層などを調べて、地球の歴史や環境変化、古生物の進化、大地の性質や地震などの動きを研究し、学ぶことができます。自然環境科学プログラム気圏・水圏・地圏の環境動態解析やその基礎となる原理・解析法開発、および生物圏での生物の進化や多様性維持機構の解明などをテーマとして研究し、学ぶことができます。フィールド科学人材育成プログラムフィールドの観測・調査・データ解析を用いて、海洋学、気象学、地形学、地質学、生態学、森林科学、自然共生科学、保全生物学、災害科学に関する研究を幅広く行い、学ぶことができます。34Faculty of Science

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る