新潟大学 大学案内 2022
51/92

旭町キャンパス研究テーマ医学科ではこんなことが学べます。医学科を担当する教員は、さまざまな基礎研究・臨床研究を活発に行っています。その中には、脳研究所と連携した、超解像度顕微鏡を駆使した神経系の構造と機能の研究、遺伝性神経疾患の病態に関する先駆的研究や、腎研究センターを中心とした糸球体のプロテオーム解析(タンパク質の網羅的解析)、腎炎の発症・進行機序についての研究があります。また、癌の成因と治療に関する研究、疫学研究、感染症研究なども活発です。医学生は3年次に医学研究実習があり、希望する研究室に2か月間配属され、最先端の研究に触れることができます。学外や外国の研究室に配属される学生もいます。また、基礎研究に興味をもつ学生の中には自主的に研究室に通い、学生時代に学会発表や論文発表を行う方もいます。在学生からのメッセージ 医学科山崎 広大さん茨城県出身医学科荒川 さくらさん新潟県出身私は地域医療と最先端の医学研究のどちらも学びたいと考えていました。新潟大学医学科は、地域医療の発展と医学研究のどちらにも力を入れており、学生のうちからそれらに関わることのできる制度があります。1つ目は、早期医学体験実習です。これは入学して間もない1年生が近隣の病院に行き、臨床現場で働く医師の業務を見学するというものです。私は、地域医療に貢献する医師から直接話を聞くことができ、その後の医学学習に対する心構えができました。2つ目は、医学研究実習です。これは学生がそれぞれ希望した研究室に行き、最先端の研究に参加するというものです。新潟大学内の研究室だけではなく、県外や国外の研究室に参加することもでき、自分の興味を追求することができます。臨床・研究どちらでも活躍できる医師としての能力を培うため、仲間とともに日々取り組んでいます。ぜひ皆さんも私たちと一緒に医学を学び、充実した大学生活を送ってください。新潟大学に入学し3年の月日が流れました。この3年間はあっという間で、充実した実り多い日々を過ごすことが出来ています。新潟大学は様々な側面から医療を学べることが大きな特色です。低学年の頃から授業や早期実習を通じて医療人としての心を養い、本格的に医学の勉強が始まった後も、最新の研究や治療をされている先生方から最先端の知識を学ぶことが出来ます。また地域医療教育や海外との交流などにも力を入れており、学生の頃から色々な経験ができることで、1つ1つが自分の視野を広げ、将来の道を決める助けとなります。さらに新潟大学は人とのつながりがとても強いことも特色の1つです。日々の生活や部活動を通して生まれる同期や先輩、後輩とのつながりが、学生生活に彩を加えてくれます。共に笑いあい、大変な時は励ましあい、支えあうことで深まるこのつながりは、将来医師になった後にも自分にとって大切なものになると確信しています。是非、皆さんも新潟大学で中身の濃い学生生活を送ってください。50School of Medicine, Faculty of Medicine人文学部教育学部法学部経済科学部理学部工学部農学部創生学部医学部医学科医学部保健学科歯学部大学院

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る