新潟大学 大学案内 2022
54/92

医学部 保健学科School of Health Sciences, Faculty of Medicine保健学を通して人類の幸福に貢献する保健学科の特色● 看護学、放射線技術科学、検査技術科学の3専攻で構成されている強みを生かして、教員の研究活動、成果を生かした多彩な教育内容を展開しています。● 保健医療を中心に自己開発を目指す優れた臨床医療技術者の育成を教育目標とし、かつ生涯にわたり保健学を探究し、国内外の保健・医療に寄与する独自性の高い研究・開発ができる能力を育成する教育を行っています。● 同じキャンパスで医学科、歯学部の学生とともに、さらに海外の学生との交流を通し、医歯学総合病院や海外協定大学などの協力を得た包括的教育体制のもと学びあっています。● 小グループ学習やチーム基礎型学習などの授業形態を組合せ、洞察力、分析力、コミュニケーション能力、アイデア力の育成を図っています。教員からのメッセージ医学部保健学科教授 目黒 玲子職名:医学部保健学科 教授専門:解剖学、神経解剖学研究内容:神経トレーサーを用いて神経回路網を明らかにすること、免疫組織化学を用いて特定の神経連絡の神経活性物質や受容体を明らかにすること等をおこなっています。保健学科は、看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の3専攻から成ります。それぞれ、看護師・保健師(選抜)・助産師(選抜)、診療放射線技師、臨床検査技師の国家試験受験資格が得られます。看護師・保健師・助産師は、病院や地域において人々の疾病からの回復や健康の維持・増進を支えます。診療放射線技師は、X線、CT、MRIなどの画像検査、放射線を用いたがん治療などに携わります。臨床検査技師は、体内成分の分析や心電図など生理機能検査から得られた生体情報を医師に提供し、疾病の診断と治療に貢献します。保健学科は、専門職に必要な知識と技術の習得だけでなく、質の高いチーム医療に参画できる医療人の育成を目指しております。健康長寿未来社会に向けて、保健・医療に貢献したいという意欲のある皆さんを全力で応援します。53School of Health Sciences, Faculty of Medicine

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る