大阪市立大学大学院 創造都市研究科
2/8

1大阪市立大学大学院創造都市研究科創造都市専攻博士(後期)課程大阪市立大学大学院創造都市研究科創造都市専攻博士(後期)課程創造都市専攻・博士(後期)課程とは? 産業空洞化と失業者の増加などにより深刻化する都市危機を創造的に解決し、持続可能な都市生活を構築するために、都市が本来持っている産業と文化の創造機能を取り戻すべく、ますます高度な専門知識に支えられた創造とイノベーションの担い手を各方面に輩出していくことが求められています。 分権改革の進行の中で求められる「地域自立の時代」においては、地域固有の諸問題に取り組み、その解決にあたる理論・知識の創出を担う実践的で高度な頭脳機能が必要となってきているのです。 特に、関西大都市圏においては、地域の卓越した研究拠点(Center of Excellence)として創造都市の発展・創出に貢献する、より高度の教育・研究機関の創設について、市民の間に強い要望と期待があり、こうした要望と期待に応えて、創造都市研究科・創造都市専攻博士(後期)課程が開設されました。 本研究科は「創造都市」を中心概念に、既存の枠にとらわれない学際的な研究を重視し、さまざまな専門領域からのアプローチの融合をめざしています。教育課程編成の考え方 「創造都市」を中心概念に、既存の枠にとらわれない学際的な研究を重視し、多様な実務経験をベースに都市再生のための「実践的な知」の構築にアプローチする本研究科の特色に鑑みて、「都市政策研究領域」「国際地域経済研究領域」「事業創造研究領域」「共生社会創造研究領域」「都市情報環境研究領域」の5つの研究領域が設けられています。創造都市とは? 創造都市とは、グローバライゼーションの急激な進行や知識情報社会への変容過程の下で世界的に注目される都市のあり方に関するひとつの理念であり、モデルです。 都市は、新しい文化・芸術・学問・思想の揺籃の場であるばかりでなく、新しいビジネスや新しい生活スタイルを生み出す中心ですが、創造都市とは、このような創造機能を十全に発揮する要件を備えた都市のことなのです。教育目標 創造都市専攻博士(後期)課程では、「創造都市」を中心概念とする新しい知の担い手として、新しいタイプの実務的研究者(大学等研究機関研究者を含む)の養成を目指しています。このため、創造都市を構築するための相互連関的な5つの研究領域を置き、研究指導を行います。大学院生は、実務から得られた知識や問題意識を基礎に、教員が担っている各種研究プロジェクトに参加することにより、実践的でかつ水準の高い博士論文の作成を行います。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る