大阪市立大学大学院 創造都市研究科
3/8

2 世界的な視野から創造都市に関する理論研究と創造都市を実現するための固有の都市政策を研究対象とする。具体的には、創造都市の国際的な比較に基づく基礎理論の研究、創造都市が発現する地域経済・産業立地メカニズムの研究、創造都市成立のための都市ガバナンス・行政経営の研究、創造的でサスティナブルな都市環境を実現するための都市基盤や都市再生の実際に関する研究などを通じて、創造都市理論の深化とそのための都市政策・戦略・制度の構築を目指す。 創造都市の経済的諸機能は、都市内部のみならず国際的な経済関係にも規定される。本研究領域では、創造都市を取り巻く経済現象を、グローバル、リージョナル、ローカルの3層レベルの相互関連において研究する。それぞれ具体的には、多国籍企業の展開、アジア地域経済の動向、都市産業集積や地場産業、労働市場の動向を研究対象とする。1.都市政策研究領域2.国際地域経済研究領域 事業及び産業の創出を促進し、発展・継続させる制度的背景や条件等を主たる研究対象とする。一例として、新しいアイデアや技術と既存の産業基盤との融合による新たな事業創造のプロセス、小規模組織の新規事業展開に関する仕組み、イノベーションを発生・進展させるメカニズム、企業家活動と経営の関係性、経済活動を促進する事業環境整備のあり方などを研究する。3.事業創造研究領域 創造都市の必須要素である共生という関係性とそれを実現する社会の創出を目標とする領域である。共生社会創造研究領域は、差別と排除、搾取をはじめとする、乗り越えられるべき否定的な関係を生む現実の構造的理解を深めながら、それを乗り越えるための価値、活動を有効に機能させる実践的方法、組織やシステムづくりとそれらのコラボレーションについて、NPOをはじめとする社会活動およびそれらのネットワーク形成を中心に探究する。4.共生社会創造研究領域 現代の都市におけるさまざまな活動は、情報基盤および情報メディア環境をその社会的基盤として遂行されている。都市情報環境研究領域では、都市の創造性を高めるために必要とされる情報基盤と情報メディア環境の高度化について研究すると共に、創造都市における新しい情報環境構築の活動に対して、主として分散システムと情報メディアシステムの構築・運用・利用に関して実学的立場から実践・参画を行う。5.都市情報環境研究領域創造都市研究科創造都市専攻 博士(後期)課程を構成する研究領域創造都市研究科創造都市専攻 博士(後期)課程を構成する研究領域創造都市事業創造研究領域共生社会創造研究領域都市情報環境研究領域都市政策研究領域国際地域経済研究領域

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る