富山県立大学 大学案内 2022
19/78

INTERVIEWEE卒業生 ポート下條 有香さん協和ファーマケミカル株式会社 勤務医薬品工学科 卒業富山県|福岡高校 出身 私は品質管理部に所属しており、医薬品の有効成分である原薬の原料の試験業務を行う予定です。会社一丸となってお客様に信頼される製品づくりに努めており、その一端を担うことに身が引き締まる思いです。入社して間もないので、今後学ぶべきことを貪欲に吸収し、患者様の健康に貢献できるよう努力していきたいと思います。 大学では、炎症疾患の治療・予防が可能な物質の探索をテーマに研究を行いました。研究に関する知識や技術だけでなく、課題解決力など社会人として求められる能力も身に付けることができました。富山県立大学は少人数制のため先生方との距離が近く、手厚い指導が受けられる恵まれた環境でした。また、新しく設備の整った校舎で気持ち良く実験をすることができました。 学生時代は、学校やアルバイト、サークル活動などを通して、様々な知識や経験を積み重ねることができます。将来それらが役立つ場面が必ず出てくると思うので、色々なことにチャレンジをして、有意義な大学生活を送って下さい。4年生 仲谷 尚人さん 岩手県|黒沢尻北高校出身夢は難病を治療する医薬品を開発することです。Message from student医薬品工学科を選んだ理由は? 母が薬剤師をしていたので子どもの頃から薬に関心があり、また親戚をガンで亡くしたことがきっかけで、難病の方向けの薬を開発したいと思うようになりました。薬といえば富山です。そこで富山の大学で薬の開発について学びたいと思い、富山県立大学の医薬品工学科を志望しました。今どのような勉強を? ビタミンDは体内に取り入れられると、酵素(化学反応を引き起こすタンパク質)の働きによって、代謝(化学変化)を起こします。構造が変化したビタミンDの中には有益な薬理作用をもたらすものがあり、実際に骨粗鬆症の治療薬として使われています。他の疾患治療や予防にも期待されていることから、構造による薬理作用の違いや、それらがどのような代謝の経路を辿っているのかを、実験を繰り返して解明しています。この研究がうまく進むと、ガンなどの治療薬やサプリメントの開発が期待されます。今打ち込んでいることは? 令和2年に、本学の「語学研修プログラム」の制度を活用し、アメリカのポートランド州立大学に留学し、英会話の上達を目指して特訓を受けました。ホームステイ先のファミリーも温かく迎え入れてくださいました。日本での英語の勉強は読み書きがメインになりがちですが、この留学を機に、会話を重視しています。また留学中にNBAの試合を生観戦する機会があり、バスケットボールが大好きになりました。帰国後は、NBAの試合結果は毎日チェックしています。医薬品工学科Department of Pharmaceutical Engineering■医薬品製造 ■医薬品材料 ■ドラッグデリバリーシステム ■ファインケミカル ■ナノバイオテクノロジー ■バイオ医薬品 ■再生医療気になる分野・キーワード何が学べる?どんな研究ができる?■医薬品の分子設計・製剤化・品質管理■バイオ医薬品の製造■医薬品関連材料の設計・製造■医薬品の体内動態・代謝・副作用■モデル動物等を用いた疾患の解明 など18

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る