富山県立大学 大学案内 2022
59/78

生物■医薬品工学専攻Graduate school 生物・医薬品工学専攻では、生命現象を深く理解し、生物が持つ巧妙な分子メカニズムを応用することにより、健康、医療、食糧、環境、エネルギーなどの課題解決を目指しています。本専攻では、有機化学、生化学、応用微生物学、植物、食品、情報、薬剤学、細胞工学などの学問領域を基礎として、9つの部門の連携により「バイオテクノロジー」および「ファーマテクノロジー」の専門教育と研究を行い、世界水準の研究拠点の形成を目指しています。高度実践英語、科学技術論、技術経営論Ⅰ、地域産業論、技術経営論Ⅱ、創造性開発研究、酵素化学工学、応用生物プロセス学、微生物工学、生物有機化学、機能性食品工学、植物機能工学、応用生物情報学、製薬化学工学1、製薬化学工学2、バイオ医薬品工学1、バイオ医薬品工学2、生物・医薬品工学特別演習Ⅰ、生物・医薬品工学特別演習Ⅱ、生物・医薬品工学特別研究専門教育科目■酵素化学工学部門 酵素等の生体触媒を環境負担のない工業的な有用物質合成などに利用します。 酵素や生物を応用し、医農薬などを効率良く生産する生物プロセスの実現に取り組みます。■応用生物プロセス学部門 医薬や農薬として有用な抗生物質などを探索し、その構造や活性について研究します。■微生物工学部門■機能性食品工学部門 食品の機能性成分の生理作用や代謝を解明し、機能性食品を開発します。■生物有機化学部門 全合成と計算化学を基盤技術とし、有用な生物活性物質の設計と合成に取り組みます。 植物特有の代謝系を解明し、有用物質の効率的生産技術を開発します。■植物機能工学部門■製薬化学工学部門 医薬品の化学合成や製剤化など、医薬品の製造・品質管理に関する研究に取り組みます。■バイオ医薬品工学部門 抗体医薬品等のバイオ医薬品の製造や再生医療技術の開発に取り組みます。 ゲノム進化機構の解明とそれに基づくゲノム設計方法の開発に取り組みます。■応用生物情報学部門院生が参加した国際会議■15th OpenFOAM Workshop, Full Virtual Conference, Jun. 22-25, 2020.■9th International Conference on Engineering and Innovative Materials (ICEIM 2020), Full Virtual Conference, Sep. 4-6, 2020.■17th International Conference on Flow Dynamics (ICFD 2020), Full Virtual Conference, Oct. 28-30, 2020.■ASME International Mechanical Engineering Congress & Exposition (IMECE 2020), Full Virtual Conference, Nov. 16-19, 2020.機械システム工学専攻■IEEE SENSORS 2020, Online, Oct. 25-28, 2020.■ The 2021 IEEE 3rd Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech 2021), Online and Nara (Hybrid), Mar. 9-11.■SICE Annual Conference 2020 (SICE 2020),Thailand(オンライン),2020/9/25知能ロボット工学専攻■The SICE Annual Conference 2020 (SICE 2020), Online, 23-26 September, 2020■21th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS2020), Online, 5-7 December, 2020■The 2019 International Conference on Machine Learning and Cybernetics, Kobe, Japan, 7-10 July, 2019.■International Conference on Intelligent Informatics and BioMedical Sciences 2019 (ICIIBMS 2019), Shanghai, China, 21-24 November,2019.電子■情報工学専攻環境■社会基盤工学専攻■S.Ishikawa and S.Kure, 22nd IAHR-APD, 2020.Sep.15-16. Sapporo (online).■R. Yagi and S. Kure, 22nd IAHR-APD,2020.Sep.15. Sapporo (online).■Fukushima Y. and Sakamoto M., Water and Environment Technology Conference (WET2019),Osaka, Japan, July 13-14, 2019. ■Arai S. and Tebakari T., Annual Conference of Korea Water Resources Association 2019, Yeosoo City, Korea, Sep. 4-7, 2019.生物■医薬品工学専攻■1st International Lignin Symposium, Sapporo, Sep. 13-15■FEMS 2019, 8th Congress of European Microbiologists; Glasgow, Scotland, UK, July 9■1st Japan-Germany-Switzerland Workshop for Enzyme Technology and Bioprocess Development, Toyama, Japan Sep.10-12 ■ICoFF/ISNFF2019, Kobe, Japan, Dec.1-558

元のページ  ../index.html#59

このブックを見る