東北大学 工学部 材料科学総合学科 研究室紹介
29/38

省資源・省エネルギー型の材料製造技術、リサイクル技術を学習 20世紀の人類社会は、大量の資源とエネルギーを消費して、製品とともに環境汚染物質を排出してきました。21世紀には、省資源・省エネルギー型の材料製造技術、リサイクル技術、地球環境への負荷の小さい材料、材料の全ライフサイクルにわたる環境負荷評価技術の開発が求められています。本コースでは、これらの技術を開発し、持続可能な発展を実現するために必要な材料工学の基礎を学びます。材料製造技術、リサイクル技術、環境負荷評価技術を開発 持続可能な発展を実現するために、次のような技術を究めようとしています。材料製造プロセスの環境負荷を減らす技術、素材のリサイクルに必要な新技術、リサイクルしやすい素材の設計、効率の高いエンジンに必要な高温材料、軽量で耐久性の高い輸送機器材料、生態環境適合材料や環境負荷の少ないバイオミネラルの開発、工業製品の環境への影響を評価する方法、環境負荷物質の無害化技術、環境負荷物質の国家間フローなどがその研究内容です。循環材料プロセス学資源利用プロセス学環境材料表面科学研究室●材料物理化学 ●材料電子化学 ●材料反応速度論 ●材料組織学 ●材料強度学 ●環境材料プロセス学 ●環境工学概論(共通)等 代表的な科目 ライフサイクルアセスメントコンピュータシミュレーションバイオミネラルのらせん成長模様材料環境学コースCourse of Eco Materials Science

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る