東北大学 工学部 材料科学総合学科 研究室紹介
7/38

現代の工業を支える金属素材産業に貢献する研究を 金属素材産業は現代の工業を支えています。その最も基本となる粗金属から不純物を取り除いたり、様々な元素を配合する際の溶融金属内の化学反応(物理化学)、温度や組成の違いがもたらす材料特性の変化を予測する方法(材料組織学)、溶けた金属から精密な形状の製品を造るための伝熱・流体の力学、製造した金属材料の原子構造や組成を分析する結晶回折学や分析科学等を学びます。自動車、宇宙…工業的ニーズに応える製造法、材料開発 日本は自動車用高性能鋼板の製造法では世界に誇る技術を有しています。これをさらに高度化するとともに環境に配慮した製造法の開発を進めています。また、エンジン製造の中核技術として金属材料の精密鋳物製造技術や、多くの材料製造ノウハウのデータベースにもとづき、様々な工業的ニーズ(たとえば、高耐熱材料の製造法、高強度材料)に対応した材料内部微細組織を持つ材料を計算機により予測する方法、宇宙のような極限環境下で使用する超高耐熱・高強度材料を生み出す上で有用な溶融塩・高温融体内材料化学等を究めていきます。素形材プロセス学材料物理化学材料・資源循環学金属プロセス工学創形材料工学計算材料構成学研究室●材料組織学 ●材料強度学 ●材料電子化学 ●材料物理化学 ●溶液の物理化学 ●材料反応速度論 ●結晶回折学 ●伝熱・流体の力学 ●金属製錬工学 ●鉄鋼精錬学 ●材料分析科学 等 代表的な科目 形状記憶板クリップ超弾性バネ医療用ガイドワイヤー金属フロンティア工学コースCourse of Metallurgy

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る