東北大学 工学部 建築・社会環境工学科 社会基盤デザインコース/水環境デザインコース/都市システム計画コース
2/16

完成時の感動は他のどんな仕事にも負けません。一緒に土木をやりませんか?伊東 佑香(名古屋市立向陽高等学校出身)平成17年3月修士修了 ●東日本旅客鉄道(株)東京工事事務所多摩工事区 施設技術係 私は「ものづくり」がしたくて工学部に入りました。その中で土木を選んだのは、せっかくなら一番スケールの大きいものが作りたいと思ったからでした。やはり土木の面白さは、そのスケールの大きい現場に尽きます。この道一筋の職人さん達と一緒に汗を流し、完成を心待ちにしてくださる地元の方々に支えられ、少しずつ確実にかたちを成していく現場。工場の中で大量生産されるのとは違うその現場たったひとつの、市場調査で絞られた特定ユーザーではなく全ての人に開かれたものづくり。完成時の感動は、他のどんな仕事にも負けないことを保証します。みなさんの一生を賭けるに値する仕事が、ここにあります。私達と一緒に土木をやりませんか? 環境保全分野でも土木工学は魅力的なフィールドです塙 隆之(茨城県立水戸第一高等学校出身)平成6年3月修士修了 ●清水建設㈱エンジニアリング事業本部土壌環境本部土壌環境事業部主任 自然環境、特に水質汚濁に対して強い関心を持っていた私は、迷うことなく水環境工学を学べる土木工学科を選びました。卒業後は、当時土壌環境分野に力を入れ始めた今の会社を志望し、入社しました。 土壌調査・浄化の仕事は、幅広い知識と高い技術力、そして豊富な経験が求められる難しい分野です。しかもニーズが多いことから、目的を達成し、顧客にご満足頂き、そして自社に貢献できた時、技術者としての喜びを感じることができます。下水道、廃棄物、環境創造など、土木技術が環境改善、環境保全に貢献する分野は他にも多くあります。そのような観点でも土木工学は魅力的なフィールドと言えるのではないでしょうか。高校生の頃感じていた「土木」のイメージとはいい意味でだいぶ違いました樋口 初音(青森県立八戸高等学校出身)平成21年3月学部卒業 ●仙台市役所 建設局下水道管路部管路建設課 私は幼い頃から地球環境問題に興味があり,何らかの形で環境問題に関わる学問を専攻したいと考えていたため,大学で土木分野を選びました.そして,生涯働き続けたいと気持ちが強かったので,転勤がなく,結婚・出産をしても職場復帰できる環境が整っていること,また,4年間暮らして仙台が非常に気に入ったので,仙台で働きたいと思い,仙台市役所を志望しました. 私が高校生の頃感じていた「土木」のイメージとはいい意味でだいぶ違いました。土木工学は私たちの生活に直結していておもしろいです! 女性でも活躍できるので,工学に興味がある女性の皆さん、是非土木分野へ☆仙台市秋保での浸水対策のための調査社会環境工学(土木)の世界OB・OGからのメッセージ

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る