東北大学 令和4年度(2022年度)特別選抜入学試験学生募集要項 私費外国人留学生入試
22/30

10 その他(1)入学に必要な在留資格及び留学ビザについて入学に必要な「留学」の在留資格及び留学ビザについては,留学生課国際交流サポート室が手続方法をお知らせします。 なお,手続書類は出願時から作成する必要があるため,海外在住者の方は出願後に必ず国際交流サポート室(E-mail supportoffice@grp.tohoku.ac.jp)へメールで連絡してください。(2)受験に必要な短期滞在ビザについて受験のために短期滞在ビザが必要な場合は,日本国内の連絡先の方などを身元保証人にし,自分で手配してください。 (3)入試に関する問い合わせ私費外国人留学生入試に関する問い合わせは,裏表紙の問い合わせ先に郵便又は電話で行ってください。郵便で行う場合は,返信用封筒(長形3号の封筒に返送先の郵便番号・住所・氏名を明記し,84円分の郵便切手貼付)を同封してください。 電話で行う場合は,月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(祝日,および正午から午後1時は除く。)までに,原則として志願者本人が行ってください。(4)個人情報の取扱い①本学が保有する個人情報は,「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」等の法令を遵守するとともに,「国立大学法人東北大学個人情報保護規程」に基づき厳密に取り扱い,個人情報保護に万全を期しています。②入学者選抜に用いた試験成績等の個人情報は,入学者の選抜,入学手続,入学前教育,追跡調査等,入学後の学生支援関係(奨学・授業料免除及び健康管理等),修学指導等の教育目的及び授業料徴収等の関係,並びに調査・研究(入試の改善や志望動向の調査・分析等)に利用します。③入試・教務関係の業務については,本学から業務委託を受けた業者(以下「受託業者」という。)が行うことがあります。業務委託に当たっては,その必要性に応じて,「国立大学法人東北大学個人情報保護規程」に基づき,個人情報の全部又は一部を受託業者に提供します。④入試の合否及び入学手続等に関する個人情報(氏名及び大学入学共通テストの受験番号に限る。)は,大学入試センター及び併願先の国公立大学に提供され,国公立大学の一般選抜合格者の決定を行うための情報として利用されます。(5)教育・学習データ利活用について本学では,教育・学習活動において情報システム等に蓄積された個人情報を含むデータ(以下,「教育・学習データ」という。)を最新のデータ解析やAI技術を用いて分析し,エビデンスに基づいた教育を実施していくことが重要と考えています。そのため,「教育・学習データ利活用宣言」,「東北大学教育・学習データ取扱8原則」,「教育・学習データ利活用ポリシー」を定め,教育・学習データを有効かつ適正に利活用し,本学における教育・学習支援の充実・改善を図るとともに国民と人類の福利に貢献していきます。URL:https://www.tohoku.ac.jp/japanese/studentinfo/education/08/education0801/ 19

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る