東北大学 令和4年度(2022年度)AO入試(総合型選抜)II期 学生募集要項
29/54

⑪試験時間中に使用できないもの⑩の「試験時間中に使用できるもの」以外の物品の使用はできません。机上(物入れ部分も含む。)に置いていたり,身に付けていたり,手に持っていると不正行為となることがあります。以下に「試験時間中に使用できないもの」の一例を示します。使用できないもの(主なもの) 留 意 事 項 情報端末,通信機能のある機器 例)携帯電話,スマートフォン, タブレット,スマートウォッチ等のウェアラブル端末試験室に入る前に必ずアラームの設定を解除し,電源を切っておいてください。試験開始前にかばん等の中にしまうよう指示します。 なお,試験時間中にかばん等の中で着信音やマナーモードの振動音などが発生した場合には,監督者が本人の了解を得ずにかばん等を試験室外に持ち出し,試験場本部で当該試験時間終了まで保管します。 音の出る機器等 ストップウォッチ,キッチンタイマー時計として使用することはできません。 定規,コンパス,下敷き,筆入れ,シャープペンシルの芯入れ(ケース) 解答時には使用できませんので,椅子の下に置いてください。 耳せん 監督者の指示等が聞き取れないことがありますので,使用できません。 文字や地図等がプリントされている上着等 着用しないでください。着用している場合には,脱いでもらうこともあります(商標等を除く。)。 飲食物 試験実施中は,試験室内での飲食はできません。 ⑫不正行為を行った者は,失格とします。⑬「学生募集要項」は,ダウンロード・印刷して試験当日に持参するとともに,入学手続まで保管してください。⑭本学は,受験者に対する合否電報の取扱いは行っていません。また,試験場周辺及びその他の場所での合否電報等の取扱いについても,本学では一切責任を負いません。(3)筆記試験受験上の注意事項①試験中は監督者の指示に従ってください。②試験開始後及び試験終了後に監督者が指示するまでは退室できません。なお,試験時間中の発病又はトイレ等により,やむを得ず一時退室を希望する場合には,手を挙げて監督者の指示に従ってください。 (4)感染症に関する注意事項試験当日に,学校保健安全法施行規則で出席停止が定められている感染症(インフルエンザ,麻しん,新型コロナウイルス感染症等)にかかり治癒していない者は,他の受験者や監督者等への感染のおそれがありますので,受験を認めません。ただし,病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められた者は,この限りでありません。 また,保健所等から新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者として健康観察の指示を受けている者についても受験を認めません。 なお,本学では上記理由による追試験は行いません。 受験者の皆さんは,試験当日に万全の体調で試験に臨めるよう,感染予防・健康管理に十分ご留意願います。 26

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る