東北大学 経済学部/大学院 経済学研究科 2022
13/20

経済学部・経済学研究科では、毎年、短期留学プログラムを実施しています。経済・経営分野に特化した課題解決型のプログラムです。2019年2月に実施されたプログラムでは、ベトナム貿易大学に学生を派遣し、ベトナム貿易大学の学生との共修を行いました。現地の日本貿易振興機構、七十七銀行での研修、一日インターンシップ(三菱商事ベトナム、キューピーベトナム、TOTO、イオン等)では、テーマに沿って調査・議論・提案を行い、現地社長や社員の方に評価していただきました。ベトナム人学生との共同作業を通じ、日本と異なる文化の下で、どのように問題解決をしていけばよいのかという体験型の研修です。短期プログラムの成績により、単位認定されます。経済学部 独自の留学プログラムファカルティレッドプログラム東北大学 大野総長と植木理事を囲むファカルティレッドプログラム参加の学生達。本学役員やベトナム貿易大学役員の前で、英語でプレゼンテーションを行いました。(2019.2/ベトナム貿易大学)留学や海外研修を支援する経済学部独自のプログラムも充実。全学の海外留学奨励賞では、経済学部の学生はトップの受賞者数を誇っています。■関連プログラム・受賞歴部局間交流協定締結校のドイツ・パダボーン大学と、修士のダブルディグリー・プログラム(双方の修士号が一気に取得できる制度)を行っています。毎年、パダボーン大学と経済学研究科の学生が相互の大学を訪れ、両方の大学で修士号を取得するために勉強をしています。パダボーン大学では、1年間、英語で経済学・経営学の授業を学びます。パダボーン大学のStefan Jungblut教授から修了証書を受け取った白蘭さん(経済経営学専攻グローバル人材コース)経済学研究科独自の国際的なプログラムダブルディグリー・プログラム経済学部は全学トップの受賞者数を誇ります。東北大学と学術交流協定を締結している海外の大学に留学する学生のうち、特に優秀な成績の学生に与えられ、賞状と準備金および奨学金が授与されます。全学トップの受賞者数グローバル萩海外留学奨励賞●奨学金 月額6~10万円の範囲で支給●準備金 上限30万円を渡航のために必要な一時金として支給※金額は派遣先により異なるTOHOKU UNIVERSITY2022Graduate School of Economics and ManagementFaculty of Economics12

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る