東北大学 経済学部/大学院 経済学研究科 2022
8/20

元留学生の声 ①Aysenur Aydinbakar東北大学で学び、トルコで研究職にPh.DLecturer, Faculty of Political Science,Department of Economics,Social Sciences University ofAnkara, TurkeyI was in Japan for my Ph.D. course from 2016 to 2019, and now I am a lecturer at the Social Sciences University of Ankara, Turkey. It was the valuable experience because Tohoku University provides ample opportunities for students such as a large library, various seminars, a chance to meet other international students, free Japanese courses. Most importantly, Tohoku University includes precious professors who are good mentors. Being in a friendly and professional environment both improved my research skills and also shaped my character. I have studied female labor and Japanese culture during my Ph.D. course at the Graduate School of Economics and Management of Tohoku University. As alumni of this school, I still continue learning from professors at Tohoku University and producing good work. The things I have learned at Tohoku University always lighten my way in my professional life. From here I would like to kindly give some advice to prospective students. Tohoku University, Sendai and Japan with their valuable people may change your life positively. I recommend everyone to experience the beautiful tranquil Tohoku life.graduate School大学院大学院 経済学研究科経済経営学専攻Graduate School of Economics and Management基礎的分野応用的分野実践的分野経済基盤講座経営基盤講座現代経済講座システム科学講座現代経営講座医療福祉講座地域政策講座グローバルシステム講座経済経営学専攻に所属する講座は、基礎分野・応用分野・実践分野の3分野に大別され、8つの講座があります。また、経済・経営学分野に精通した職業人や研究者の育成に重点をおく「経済経営リサーチコース」と、グローバル化する社会において国内外で活躍できる高度職業人の育成に重点をおく「高度グローバル人材コース」が設置されています。経済経営リサーチコース幅広い視野をもつプロフェッショナルの養成今日の経済活動や企業経営の第一線では、これまで以上に高度かつ幅広い知識やスキルが要求されています。博士課程前期2年の課程(修士課程)では、学部卒業生のみならず多くの留学生や社会人も積極的に受け入れ、グローバルかつ学際的なプロフェッショナル教育を実践しています。研究テーマ別に指導教員によるゼミ形式の「演習」やワークショップ形式の「特別演習」などを通して高度な専門的能力を習得することができます。トップクラスの研究者の養成本研究科は、東北大学の掲げる「研究第一主義」のもとで我が国を代表する研究者を数多く輩出してきました。こうした伝統と実績の中で、博士課程後期3年の課程(博士課程)では、専門分野において優れた業績をあげる教授陣により、学会での発表や博士論文執筆に向けた個別指導を行っています。本研究科で博士号を取得した多くの人材が、国内はもとより海外でも研究者として活躍しています。高度グローバル人材コース英語で経済学と経営学を学ぶ経済学と経営学に関する先端的なトピックを英語で学びます。講義、課題、試験をすべて英語でこなすことにより、グローバル社会で通用するスキルと知識が身につきます。日本人学生・外国人留学生の区別なく、共に科目を履修します。日本人学生と外国人留学生が同じ条件のもとで切磋琢磨あるいは協力することにより、グローバル企業で必要とされる国際的な協働スキルが身につきます。海外研鑽とプロジェクト企画高度グローバル人材コースに在籍する学生(外国人特別選抜生は除く)は、一定期間の海外研鑽(本研究科が協力協定を締結している海外の大学への留学、あるいは海外の企業・NGOでのインターンなど)が必修となっています。また、修士論文に替えてプロジェクト報告が必須となっています。教員の指導の下、学生自らがプロジェクトを企画し、実行に移します。また、プロジェクトに関する報告書の作成ならびにプレゼンテーションを英語で行います。グローバルに問題を発見し、解決する能力が身につきます。(Global Program in Economics and Management, GPEM)INTERVIEW 02インタビュー ❷日本語に訳してみよう!07

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る