東北大学 理学部案内 2022
2/36

2学部長あいさつ “Science(=理学)”は「知りたい」や「面白い」といった純粋な探究心・好奇心に発する、「知の創造」をその本質に備えた学問分野です。理学部の使命は、先人達が明らかにしてきた「自然の理(ことわり)」を良く理解し、想像力とチャレンジ精神をもって「知の創造」を開拓することで人類共通の知的資産を生み出すとともに、その体系化を通じて未来へと継承することにあります。 しかしながら「知の創造」を開拓する道のりは決して容易ではありません。答えの用意されていない問いに果敢に挑戦し、先入観にとらわれることなく自由な発想のもとに答えを出していく過程は楽しくもありますが、思い描いた通りには進まずに悶々とした日々を過ごすことも少なくありません。「自然の理」を明らかにする研究は、知力はもちろんのこと、気概をも求められる険しい道でもあります。それだからこそ、その一端を解き明かしたときの達成感は格別です。大袈裟かもしれませんが、「自然界」を制覇した!と優越感に浸る一瞬でもあります。そう、残念ながら一瞬です。次なる壁が我々の挑戦を待っているからです。 答えの用意されていない問いに知力と気概をもって果敢に挑戦する者たちこそ、今まさに必要とされる人材像ではないでしょうか。全世界的な規模で感染症が拡大しており、ウイルスとの見えざる恐怖との戦いのもと、社会経済の崩壊を防がなければならないという、これまで経験したことのない大きな課題を人類は突き付けられています。理学研究を通して身に付けた知力と気概は間違いなくこうした先行きの不透明な時代を生き抜く力として、さらには時代を変える原動力として発揮されるものと信じています。 緑あふれる青葉山のキャンパスで、若き皆さんとともに新たな「知の創造」に向けた挑戦ができること、近い将来それらを通じて培った力が新たな時代の創造に向けて発揮されることをとても楽しみにしています。理学部長 寺田 眞浩

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る