東北大学 医学部 2022
13/28

主な留学先 ﹇年﹈STUDY ABROAD私はErik de Schutter教授の脳神経科学の研究室に所属し、アストロサイトという脳に存在するグリア細胞のコンピューターモデルを作る研究に取り組みました。研究は生物学、数学、情報工学それぞれを専門とする研究者と協力しながら進めていきました。いろいろな研究者と触れ合うことで、医学だけではない学際的な学びを得ることができました。学生と研究者の半数以上が外国人で、学内の公用語も英語だったため、英語でのプレゼン能力や議論する力が大きく向上しました。また短期留学を通じて、脳科学に対する関心が高まり、自分が将来取り組みたい研究の方向性を見つけることができました。OISTでの経験は今後医師として働くうえで必ずプラスになると思います。皆さんもぜひ世界の先端に触れる機会を経験してみてください。医学科では東北大学の理念に則って、教育目標のコアに「国際人としての能力」を掲げています。具体的には、(1)地球規模の研究・診療に従事するため、国際的視野を身に付ける、(2)国際人としてのコミュニケーション能力を身に付ける、の2項目です。6年間のカリキュラムに、海外留学の機会が豊富に設けられています。現在は新型コロナウイルス感染拡大留学 Study Abroad  学生の学習や研究の可能性を広げる場をつくります。アメリカ国立衛生研究所(NIH)ヴァンダービルド大学カリフォルニア大学サンフランシスコ校サンフォードバーナムプレビス医学研究所サンフランシスコ総合病院ジョンズ・ホプキンス大学ハーバード大学ハワイ大学マサチューセッツ総合病院ミシガン大学メイヨークリニックイギリスエクセター大学サウサンプトン大学リーズ大学オーストラリアグリフィス大学西オーストラリア大学スイスチューリッヒ大学タイタマサート大学チェンマイ大学マヒドン大学ネパールカトマンズ医科大学ノルウェーベルゲン大学フィリピンサンラザロ病院熱帯医学研究所(RITM)茂田 治樹さん医学科4年生参加期間2020年10月1日~12月23日参加者レポート沖縄OIST 沖縄科学技術大学院大学防止のため海外渡航に代わり、沖縄科学技術大学院大学(OIST)への国内留学を行っています。OISTは世界60ヵ国以上の学生・教員が集まる国際色豊かな環境で、教育と研究は全て英語で行われます。日本国内でありながら海外留学と同等の経験ができる学際的な大学院大学に、医学科3年次の基礎医学修練で希望者が3ヶ月の国内留学を行いました。国際化推進と英語コミュニケーション能力の開発12TOHOKU UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE 2022

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る