東北大学 医学部 2022
23/28

Message先輩からのメッセージ東北大学病院 看護部 青木 萌花さん[令和3年3月看護学専攻卒業]看護学専攻では、全学部共通の講義や外部講師を招いた講義、地域実習などが充実しており、臨床で働くための知識だけでなく、社会全般に関わる幅広い知識を身に付けることができます。そのようにして広い視野と多角的な思考力を持つことは、病気そのものではなく、患者という「人」を理解して支援することにつながると考えます。また本学では、選抜での助産学専攻や、大学院では保健師を目指すこともでき、将来的な活躍の幅を広げることも可能です。私は助産学専攻で、暖かく頼もしい先生方のもと東北大学病院で実習することができました。一般的なお産だけでなく、合併症や胎児異常などハイリスクな事例も学ぶことができるのは、大学附属病院がある本学の特徴と考えます。東北大学大学院医学系研究科(保健学専攻 画像診断学) 安達 眞紀さん[令和3年3月放射線技術科学専攻卒業]放射線技術科学専攻では、放射線についてはもちろん、臨床で扱う機械の仕組み、解剖・生理学や薬剤の性質、チーム医療を円滑に進めるための思考力など幅広く学ぶことができます。また、在学中に研究への取り組み方などを学ぶことができるため、卒業後は臨床放射線技師としてだけでなく研究者として活躍される方も多くいます。現在はハイブリッド型授業(※)により、COVID-19の拡大前と変わらぬ最先端技術や知識を得ることができています。また、先生方のサポートも充実しており、環境に合わせて自分のペースで研究を進めています。新たな自分の目標を発見し追及できるこの環境で、最先端の知識と技術を私たちと一緒に身に付けていきませんか?(※)p13「コロナ禍への対応とサポート」参照東北大学病院 診療技術部 岡田 亜美さん[令和3年3月検査技術科学専攻卒業]検査技術科学専攻では臨床検査技師になるために必要な知識を広く学ぶことができます。また、実習で手を動かしながら考えることで、臨床の場で役に立つ技術が身につきます。加えて、医学研究に最適な環境が用意されているため、本格的な卒業研究に取り組む事ができます。4年間の充実したカリキュラムを通して臨床検査に関する幅広い視野が身につけることができました。この視野を活かしてこれからも臨床検査技師として働いていきたいと思います。22TOHOKU UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE 2022

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る