東北大学 医学部 2022
7/28

医師国家試験共用試験OSCE/CBT共用試験OSCE/CBT研究医コース(MD-MC-PhDコース)研究医コース(MD-MC-PhDコース)研究医コース(MD-PhDコース)研究医コース(MD-PhDコース)マッチングマッチング臨床修練前準備実習医学英語卒業最終講義卒業試験(筆記/OSCE)臨床修練高次臨床修練医学研究PBL解剖実習組織学実習症候学PBL地域医療実習基礎医学社会医学行動科学社会医学行動科学臨床医学基礎医学修練医学部修練について学生が希望する分野に配属し、月曜日から金曜日の間朝から夕方までフルタイムで研究を行います。医学・医療入門/行動科学地域医療体験実習全学教育生命科学など研究医臨床医卒 業臨床研修2年(臨床医必修)大学院医療行政官P.7P.9P.10P.10P.8P.8P.9P.91年次2年次3年次4年次5年次6年次学士取得入学試験医学部医学科のカリキュラム・ポリシーカリキュラム医学部医学科のディプロマ・ポリシー11、2年次は全学教育科目として幅広い一般教養科目と専門教育に活用可能な科目を提供する。1年次より専門教育科目を開始し、医療人、医学研究者として必要な基本的知識・技能・態度を6年間で段階的に修得させる。1生命現象、人体構造並びに様々な疾患について、分子レベルから細胞・組織・器官・個体レベル、さらに地域・社会・国際レベルに及ぶ国際標準の知識を有している。未解明の事象に挑み創造的研究を行って先端領域を切り開き、成果を世界に発信する能力を有している。2研究第一の理念に則り、長期に亘り研究に従事し成果を発表する期間を設ける。医学研究PBL、基礎医学修練、高次臨床修練によって、医療リーダーや医学研究者として必要な能動学習・自己研鑽の技能と態度の涵養をはかる。2優れた倫理観と暖かい人間性を備え、科学的根拠に基づく医療を実践する基本的能力を習得している。地域に密着して医療を実践するとともに、国際社会に医療貢献する能力を有している。3学習成果の適正な評価と個別フィードバックを行い、学習者の内省・自己啓発と能力開発を促進する。3医療の実践と医学の研究を通して、我が国の医学研究、教育、医療を支えると伴に、ワールドクラスの研究の推進、新しい学問の創造、人類への貢献を担う能力を有している。多職種間の連携・協調、学際的研究交流等を円滑に行うコミュニケーション能力とチームを率いるリーダーシップの素養を有している。06TOHOKU UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE 2022

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る