東北大学 薬学部・大学院薬学研究科 2022
10/44

薬学科9interviewQ1. 薬学科は何を学ぶ学科ですか? 3年の前期までは、医療人・研究者としてのプロフェッショナリズムとともに有機化学や物理化学、分析化学、生命科学、薬理学、生薬学、生化学など、薬学部としての基礎知識を学びます。そのあと薬学科として、より臨床的・実践的な知識・技能・態度を学びます。たとえば、処方箋の読み方や臨床検査値についての授業、薬剤師として知っておくべき法律や統計学、そしてコミュニケーションスキルに関する授業などがあります。また、現場で働く薬剤師・医師の方にお話ししていただく授業もたくさんあります。4年次後半から行われる実務実習では、実際に薬局や大学病院にそれぞれ2ヶ月半配属され、薬剤師の業務を体験します。ほかの大学の薬学科と比較すると研究に携わる時間が多いことが東北大学薬学部薬学科の特徴です。将来、薬剤師の業務だけでなく、基礎研究や臨床研究もできるような薬剤師(サイエンティスト・ファーマシスト)を目指します。Q2.卒業後の進路はどうなりますか? 2012年春に6年制に移行しましたが、病院あるいは薬局に就職して薬剤師として働く人や、製薬企業の研究職・開発職として就職する人、国や県などの行政職や医薬品の審査官を目指す人、あるいは大学院に進学してさらに勉強を深め、博士の学位取得を目指す人がいます。今後も、薬剤師としての知識・技能を持ってさまざまな分野におけるリーダーとして活躍することを期待しています。Q3.メッセージをお願いします。 東北大学薬学部薬学科では、薬剤師になるための勉強だけでなく、世界最先端の教育研究環境で自分の興味ある研究を十分に行うことができます。薬剤師として働きつつ、基礎研究や臨床研究も行ってみたいという方はぜひ進路として考えてみてください。薬学科長富 岡 佳 久薬 学 科ごあいさつ薬学部概要カリキュラム創薬科学科薬学科講義内容大学院分野(研究室)紹介卒業・修了後の進路など入試情報・奨学金教育研究施設組織図オープンキャンパスキャンパスマップ

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る