東北大学 薬学部・大学院薬学研究科 2022
22/44

大学院21特 色 本研究科は、社会に広く門戸を開き、新しい学問分野を開拓していくという東北大学の創造的研究第一主義の伝統的学風に則り、生命・医療科学の急速な発展と日毎に高まる薬学に対する社会的要請にすばやく対応して、未来の薬学研究を担える人材を育成することに最大の力点を置いています。 また、杜の都仙台を一望できる周囲緑なす立地環境や日本一の敷地面積を誇る薬用植物園など、整った研究設備も本研究科の大きな特色です。気持ち良くのびのびと研究に専念できる環境が本研究科には備わっています。教 育 本研究科では薬学研究に必要な基礎的知識の習得のみならず、その知識を有効に活用し得る応用力を身につけるための教育体制を整え、独創的な発想力と国際的な競争力を備えた研究者・技術者を育成することをめざしています。博士課程前期2年の課程(修士課程)では、薬の創製からその適正な使用に至る広範囲な分野の知識を身につけ、各々の専門分野での最先端の研究に参加することにより、物質・生命・医療の総合科学である薬学に関する深く幅広い知識と応用力を習得することができます。また、後期3年の課程(博士課程)では、最先端の研究を主体的にリードすることにより、薬学研究者としての自己を確立することができます。研 究 本研究科はこれまでに日本学士院賞、紫綬褒章、朝日賞などの権威ある賞を受賞した研究者が輩出し、日本および世界の薬学発展に大きな寄与をしてきました。このような伝統は、現在も引き継がれ益々強化されようとしています。本研究科の教員1人あたりの科学研究費は、東北大学の中でも極めて高い水準にあり、本研究科の研究活動の活発さを端的に物語っています。また、研究動向の変化にすばやく対応できる柔軟な研究組織が確立され、より効果的に研究を行う体制ができています。独創性の高い研究を実施するための環境に恵まれ、国際的に高い評価を得る研究成果が日々続々と生まれています。9:00~12:00授 業授業では、様々な分野の先生方がそれぞれの専門分野の研究をわかりやすく解説してくれます。自分の専門外の授業はとても興味深く、時として自分の研究の参考になることもあります。授業の無い日は研究をします。18:00夕 食13:00~研 究実験をしたり、学術論文などを読んで勉強したり、実験結果をまとめたりします。研究室内での研究報告会や学会などが近い時はそれらの資料を作成したりします。12:00~13:00昼休み研究室のメンバーと学食で昼食を食べます。研究の話をすることもありますが、ほとんどは研究とは関係のない雑談をして気分をリフレッシュします。19:00~21:00研 究研究の続きに取り掛かります。最後に1日の内容をまとめ、次の日の準備をします。大学院の学生の1日22:00帰 宅9:006:0012:0015:0018:0021:0024:00※ ここでの紹介内容は、新型コロナウイルス感染症が認知される以前のものです。現在は東北大学の行動指針(BCP)に基づき感染拡大防止対策をとり、教育・研究活動を継続しています。ごあいさつ薬学部概要カリキュラム創薬科学科薬学科講義内容大学院分野(研究室)紹介卒業・修了後の進路など入試情報・奨学金教育研究施設組織図オープンキャンパスキャンパスマップ

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る