東北大学 薬学部・大学院薬学研究科 2022
24/44

分野(研究室)紹介23 医薬製造化学分野 Medicinal Chemistry 教 授 徳山 英利Tokuyama Hidetoshi有機合成の最先端を極める 現在使われている医薬品の多くは、研究者の手で化学合成された有機化合物です。そのため、医薬品を開発し安定に患者さんの元へ届けるためには、有機化合物の合成技術はとても大切です。最近では、複雑な構造の医薬品も多くなり、化学合成にも一層の進化が求められています。私たちの研究室では、医薬の種になる天然由来の有機化合物の独創的な合成ルートの開発をめざして日夜研究に励んでいます。また、病気に関連する酵素の阻害剤の開発や、がん細胞を特異的に認識する抗体薬物複合体の研究にも取り組んでいます。 分子設計化学分野 Organometallic Chemistry 教 授 吉戒 直彦Yoshikai Naohiko元素の特性を活かした分子設計 医薬品,機能性材料から触媒にいたるまで,これまで地球上に存在しなかった有機分子を設計し,自らの手でつくりだし,そして望みの機能を実現できることは合成化学という分野のもつ際立った特徴といえます。その重要性は,健康長寿そして持続可能な社会の実現へ向けて一層高まっています。私たちの研究室では,遷移金属触媒化学と有機典型元素化学における新しい分子設計コンセプトの実験的・理論的な探求を通して効率的な有機合成反応や斬新な構造・性質をもつ有機分子の開発をおこない,創薬・プロセス化学・生命科学などに幅広く波及効果をもつ技術を提供することを目指します。分子薬科学専攻ごあいさつ薬学部概要カリキュラム創薬科学科薬学科講義内容大学院分野(研究室)紹介卒業・修了後の進路など入試情報・奨学金教育研究施設組織図オープンキャンパスキャンパスマップ

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る