東北大学 大学案内 2022年度入学者用
58/92

 薬学部では、物質科学、生命科学、医療科学の3つを統合した教育と研究を行っています。また、学科選択(希望と成績による)は3年次後期に行われ、薬学の基礎を十分に身に付けた上で薬剤師を目指す6年制の薬学科か、医薬品研究を目指す4年制の創薬科学科かを選択します。物質と生命の科学に挑戦し、新薬開発と未来医療に貢献する◆物質・生命・医療科学を統合、東北地方唯一の国立薬学研究教育機関◆医薬品の開発に携わる研究者・技術者としての基礎を確立する創薬科学科◆薬剤師に必要な臨床的知識を学び、基礎・臨床研究の素地をつくる薬学科◆薬学科(6年制)卒業で薬剤師国家試験の受験資格を取得可能全学教育科目基幹教育科目(生物学、有機化学、物理化学)課題研究(研究者教育)展開教育科目2学科共通創薬科学科を選択した場合薬学科を選択した場合3年次の学科選択について 3年次後期に学科選択を行います。学科は、医薬品の研究・開発などを行う「創薬科学科」と、薬剤師国家試験受験資格が得られる「薬学科」があります。 学科決定後、第6セメスターでは創薬科学の研究者、技術者としての基礎を学ぶ、展開教育科目の授業を受け、創薬に関する知識を深めます。第6セメスターから4年次卒業までの1年半は、研究室ごとに課題研究を行います。課題研究とは、学生一人ひとりに与えられるテーマについて研究を行うことです。卒業後は、大学院に進学して、より高度な研究を行うことができます。また、卒業と同時に社会に出ることも可能です。学習の特徴と6年間の流れや専修選択について学習の特徴と4年間の流れや専修選択について 4年課程に学科決定した学生には、薬学研究者、医薬品開発者として大学院への進学、研究機関や薬事行政機関、医薬品メーカーなどへの就職等、多彩な進路が広がっています。大学院の入学試験は8月となっており、4年次に課題研究に取り組みながら、進路を決定するという流れになっています。創薬科学科定員60名4年制1年次2年次3年次4年次卒業後◆入学式●オリエンテーション●全学教育科目の ほかに、学部専門教育●2年次後期~ 3年次前期 「基礎薬学実習」●学科選択●研究室配属●研究室配属●卒業研究・論文作成●大学院博士前期2年の 課程入学試験●就活・教育実習など●卒論口頭試問、 研究発表会◆学位記授与式◆入学式●オリエンテーション●全学教育科目 のほかに、 学部専門教育●共用試験 (CBT、OSCE)●博士課程 (薬学履修課程) 〈4年制〉入学試験●就活●卒論口頭試問、 研究発表会●薬剤師国家試験◆学位記授与式●進学 ・薬学研究科 ほか●医療機関、研究機関など●就職【取得できる資格・免許】●中学校教諭一種免許状 (理科)●高等学校教諭一種免許状 (理科) 学科決定後から4年次の第7・8セメスターまで、医療薬学関連の発展教育科目や専門薬学実習、医療薬学基礎実習を履修し、医療人としての基礎を固めます。また、4年次後半に共用試験としてCBTとOSCEが実施され合格した者だけが、その後の実務実習を履修することができます。5年次末から卒業までの1年間は、課題研究を行い、6年次末には、薬剤師国家試験のための演習などを行い、実際の試験に臨みます。 医薬分業により、薬剤師への社会的なニーズが高まると同時に、高度な知識と技術が求められるようになっています。2006年から、薬剤師国家試験の受験のためには6年間の学習が必要になっています。薬剤師を目指す人のための薬学科では、3年次の学科決定以降、4年次後期には「CBT(Computer Based Testing基礎知識の試験)」、「OSCE(Object Structured Clinical Examination技能・態度の評価)」を受け、合格できた学生だけが4、5年次の調剤薬局・病院などでの実務実習の履修、演習へと進み、6年次で薬剤師国家試験受験資格を得ることができます。薬学科定員20名6年制全学教育科目基幹教育科目課題研究(研究者教育)発展教育科目実務教育科目2学科共通卒業後●進学 ・薬学研究科 ほか●薬剤師、医療機関、 研究機関など●就職【取得できる資格・免許】●薬剤師国家試験 受験資格1年次2年次3年次4年次5年次6年次●2年次後期~ 3年次前期 「基礎薬学実習」●学科 選択●研究室 配属薬学部Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences●募集の単位/●入学定員/●募集人員/学部単位80名AO入試Ⅲ期24名一般選抜前期56名Tohoku University 202256

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る